本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[福岡県] [2014年度 第2回認定]
地元農家の新鮮な赤しそを原材料とした低温真空抽出法による高度自然派 化粧品の開発

石油系化学物質やアルコールなどの防腐剤を使わず、自然素材だけを原料とする化粧水や石鹸等の化粧品を開発する。

連携体

農林漁業者 あたか農園 安髙吉明(農業)

農薬を使わない栽培方法での赤しその生産に取り組む。
中小企業者 美容薬理(株)(化学工業)、パルセイユ(株)(その他の卸売業)

低温真空抽出法での製造と販路開拓に取り組む。
サポート機関等 福岡県商工会連合会、芦屋町商工会、芦屋町

連携の経緯

化粧品を製造する中でトレーサビリティを明確にした商品開発を検討していた美容薬理(株)及びパルセイユ(株)は、芦屋町より紹介された赤しその効能に着目。また、あたか農園は梅の生産量に影響される赤しその安定販売を望んでおり食用以外による活用を検討。そうした中、芦屋町・芦屋町商工会の仲介で両者の思惑が一致し連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

パルセイユ(株)は、赤しそが持つハーブとしての効用と特産品としての安定供給に着眼した。あたか農園(身近な「顔の見える生産者」)は、高度な自然派化粧品を求める消費者層のニーズに対応するために、手間暇のかかる「農薬を使用しない栽培方法」での赤しその生産を行った。美容薬理(株)は新しく導入した「低温真空抽出法」でその「摘みたての新鮮な赤しそ」の特長を最大限に引き出した。


連携による効果

農林漁業者 5年で103万円の売上高増加、赤しその食用以外での活用

梅の生産量に影響されていた赤しその安定的な生産と出荷量の増加が期待される。
中小企業者 5年で5,400万円の新規事業売上高増加、地元雇用4人の増加

自然素材だけを原料とする化粧水や石鹸等の化粧品を開発することで売上の増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
美容薬理株式会社
所在地:
福岡県遠賀郡芦屋町大字山鹿814-1
電話番号:
093-221-5500
FAX番号:
093-221-5501

認定日:2014年10月15日



このページの先頭へ