本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[福岡県] [2013年度 第1回認定]
八女の農家と初めて取り組む国産ベチバーを活用した消臭剤等の開発及び販売

地元農家とベチバーを栽培し、植物性100%で且つ安全性の高い消臭剤の開発販売に取り組む。

連携体

農林漁業者 高木農園(農業)

八女市星野村の山間部で高品質のコメや高級茶などを生産してきた栽培技術を活かし、ベチバーの生産に取り組む。
中小企業者 (有)フローラ美工(製造業)

ベチバーの根部分を蒸留し消臭剤等の製造及び百貨店や医療業界及び交通拠点等に販路拡大を行う。
連携参加者 NPO法人有用プランツ普及協会、(株)エコトワザ、福岡大学、福岡県中小企業団体中央会

ベチバーの苗提供や栽培技術指導、市場調査、海外展開支援、成分分析・研究、ネットワーク構築支援を行う。
サポート機関等 (独)中小企業基盤整備機構九州本部

連携の経緯

【消臭液】

【消臭液】

カーディーラー各社にカーマット等自動車用品の製造・販売を行ってきた(有)フローラ美工では中古車の消臭ニーズを受けて研究をスタート。インドネシア産のイネ科植物ベチバーに高い消臭効果がある事が分かり、沖縄等で栽培されていることから地元八女市での栽培を検討。災害後の恵まれた状況とは言えない栽培環境にも適応可能である事より、昨年の豪雨罹災から復興を目指す星野村の高木農園と連携するに至った。

連携に当たっての課題や工夫

【ベチバー】

【ベチバー】

沖縄等で栽培が盛んなベチバーであるが、星野村での効率的な栽培と乳幼児や高齢者またペットなど想定の顧客ニーズに応じた細やかな商品化とチャネルの確立により星野村産という安心ブランドの構築を目指す。


連携による効果

農林漁業者 売上高:0円(平成23年)→256万円(平成29年目標)

ベチバーは耐久性に優れており、農薬を使わず粗放生産も可能なため、高い利益率が期待される。
中小企業者 売上高:0年(平成24年)→5,500万円(平成30年目標)

八女市星野村のベチバーを活用した消臭商品群を順次開発、市場を開拓し、差別化商品の強化が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社フローラ美工
所在地:
福岡県八女市祈祷院499
電話番号:
0943-23-7688
FAX番号:
0943-23-7699

認定日:2013年7月 8日



このページの先頭へ