本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[福岡県] [2010年度 第2回認定]
国内ではじめて生産から加工まで行う バニラビーンズの試作、開発および販路開拓

我が国の気候風土や食品衛生基準を満たす独自の発酵・乾燥技術を用いたバニラビーンズの開発と販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 池上農園、(農)ホワイトベリー(以上、農業)

農地、園芸作物の栽培技術、観光農園の運営経験を有効活用することによって、現在は栽培実績のないバニラを栽培し、本商品に適した高品質のバニラ果実を安定的に提供するとともに、周年栽培の体系化・観光農園化に取り組む。
中小企業者 (有)金子植物苑(食料品製造業)

独自の発酵・乾燥技術を活用し、バニラビーンズ、バニラ加工商品を開発し、全国の洋菓子店等の販路を開拓する。
連携参加者 福岡県工業技術センター生物食品研究所

筑後川流域の酒類開発等を支援してきた実績・技術を活用し、バニラビーンズの香り成分等の分析・評価を行う。
サポート機関等 久留米商工会議所、(独)中小機構九州

連携の経緯

バニラビーンズの発酵・乾燥技術を用いた新たな事業展開を図るとともに、地元から主材料となるバニラ果実の調達先を探していた(有)金子植物苑と、園芸作物の栽培実績がありイチゴ以外の農産物による周年栽培化、収入アップを図っていた池上農園、(農)ホワイトベリーの思惑が合致し、連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

バニラ果実の生産は海外での栽培が主で国内での商業生産の実績がなかった。そこで、池上農園、(農)ホワイトベリーは、イチゴ等の園芸作物の栽培技術と、観光農園の運営実績を活用し、周年栽培の体系化と観光農園化に取り組む。(有)金子植物苑は独自開発した発酵・乾燥技術をもとに商品の開発を行い、収益性の高い国産バニラビーンズやその加工品製造・販売への事業転換を図る。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,100万円の売上高増加、地域ブランド(筑後地区のバニラ)の確立

イチゴの栽培と組み合わせ、周年栽培の体系化を可能にするとともに、観光農園化により筑後地域への誘客を図る。
中小企業者 5年で4,200万円の売上高増加、収益性の改善

バニラビーンズの生産とその加工品に向けた事業展開を図ることにより売上の増加と収益性の改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社金子植物苑
所在地:
福岡県久留米市藤山町1731-1
電話番号:
0942-22-8483
FAX番号:
0942-22-8490

認定日:2011年2月 2日



このページの先頭へ