本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[福岡県] [2008年度 第3回認定]
国産小粒大豆を原材料とした発芽野菜(モヤシ)の生産加工並びに用途販路拡大

連携体 中小企業者:(有)ベネフィット(卸売業)
農林漁業者:出萌(株)(農業・製造業)、小松共同機械利用組合(農業)
連携参加者:鄭紹輝、福岡県中小企業団体中央会
サポート機関等 福岡県中小企業団体中央会、地域活性化支援事務局

事業概要

試作中の黒大豆もやし

試作中の黒大豆もやし

連携の経緯

出萌(株)はもやしの付加価値向上と市場拡大を図るため、自社で開発した「ピーナッツもやし」に続く新たな国産商品の開発を行っていた。国産大豆もやしは、安定供給、食味、コスト面から商品化に至らない状況が続いていたが、新種の小粒大豆を入手し、技術支援を受け試験栽培を行った結果、生食でも食味の良い新たなもやしを作ることができた。商品企画と販路、用途拡大、安定供給を行うため、以前より取引のあった(有)ベネフィット、小松共同機械利用組合と連携事業を行うこととなった。


既存商品ピーナッツもやし

既存商品ピーナッツもやし

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

原料豆自給率≒0%のもやし市場にあって、「国産小粒大豆のもやし」は、国内産の種子を使った数少ないもやしであり、緑豆もやしやマッペもやしと違いタンパク質が主成分で豊富なアミノ酸を含むこと、従来のえぐみがある大豆もやしに比べ食味が良く食べ易いことに加え、通信販売等に強い(有)ベネフィットの商品企画力によって加工用途を拡大できる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 最終製品売上高目標・・・・・7,000万円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・8名(平成25年度・連携体全体)
  • 地域における大豆生産規模の拡大
  • 国産小粒大豆もやしの地域ブランド化

代表企業等の連絡先

代表者:
出萌(株)
所在地:
福岡県福岡市東区香椎照葉3-2-1-2F
電話番号:
092-663-5317
FAX番号:
092-663-5318

認定日:2009年2月20日



このページの先頭へ