本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[福井県] [2013年度 第1回認定]
山田錦の網下米を活用した発泡性清酒の開発・製造・販売事業

九頭竜オーガニックファームが生産した山田錦の網下米を活用し、吉田酒造有限会社が、発泡性清酒を開発・製造・販売する事業。

連携体

農林漁業者 九頭竜オーガニックファーム(農業)

山田錦の生産及び網下米の選別、集荷、管理を行う。
中小企業者 吉田酒造有限会社 (清酒製造業)

山田錦の網下米を活用した発泡性清酒を開発・製造し、販路拡大を図る。
サポート機関等 福井銀行、(独)中小企業基盤整備機構北陸本部

連携の経緯

発泡性清酒 試作品ドラゴンキッス

発泡性清酒 試作品 ドラゴンキッス

おいしいお酒を造るためには米の品質が大切であるが、醸造好適米である山田錦は、地方の小さな酒蔵としては、なかなか手に入らないのが実情である。その対策として、稲の栽培方法について共通の価値観を有している九頭竜オーガニックファームと連携して、米作りからこだわった酒造りを行うため、山田錦の契約栽培を行うことになった。これにより、トレーサビリティーはもちろんのこと、田んぼごとの米の出来具合や、品質を的確に把握し、酒造りに生かすことができる。

連携に当たっての課題や工夫

当社の強みは、加水しないで設定したアルコール度数のお酒を作り上げる技術である。今回の開発商品もすべて加水せず、醸造段階での技術で、その清酒としての風味を損なわずにアルコール度数を低めに抑えられる醸造法により製造する。また原料米については、網下米の中から、小粒ながらも醸造用に適したし米を選別して使用する。


連携による効果

農林漁業者 5年で22.5万円の売上高増加、等外米の付加価値の向上

山田錦の生産及び網下米の選別、集荷、管理により、収益向上が期待される。
中小企業者 5年で2,000万円の売上高増加、販路拡大、海外への販売

発泡性清酒の開発・販売を行うことにより、差別化できる商品の強化および販路拡大が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
吉田酒造有限会社
所在地:
福井県吉田郡永平寺町北島7-22
電話番号:
0776-64-2015
FAX番号:
0776-64-2932

認定日:2013年10月16日



このページの先頭へ