本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[千葉県] [2010年度 第2回認定]
孵化用親合鴨及び合鴨農法活用合鴨を活用した加工食品の製造・販売

孵化用親合鴨及び合鴨農法活用合鴨を活用した加工食品の製造・販売を行う。

連携体

農林漁業者 (有)椎名人工孵化場(農業)

食肉加工市場の原材料として多く流通していない合鴨肉を安定的に提供する。
中小企業者 (株)吉田ハム工場(食料品製造業)

合鴨肉に適した加工食品を開発し、全国のホテル・レストラン等の業務用及びギフト活用などの市場に販売していく。
サポート機関等 横芝光町商工会、吉田町商工会、千葉銀行、(独)中小機構関東

連携の経緯

(有)椎名人工孵化場は自社の合鴨の有効活用について、(株)吉田ハム工場は新アイテムの開発について、地元商工会に課題解決のための相談を各々行っていた。その経緯の中で、全国商工会連合会を通じて紹介を受け連携するに至った。

連携に当たっての課題や工夫

(有)椎名人工孵化場は、合鴨農法を行っている農家から合鴨を引き取る仕組みを構築するとともに親合鴨を食肉用として有効活用する。(株)吉田ハム工場は、当社が持っている製造ノウハウを生かして、鴨の肉質にあった加工品に仕上げ、現在あまり販売 されていない国産合鴨肉を活用したハム・ソーセージ等の特徴のある新たな加工食品を開発する。


連携による効果

農林漁業者 5年で3,600万円の売上高増加、合鴨農法活用農家への一助

合鴨農法活用農家の課題解決の一助になるとともに、同農家の農業経営の安定に貢献すると期待される。
中小企業者 5年で8,208万円の売上高増加、収益性の改善

国産合鴨肉を活用した加工食品を製造・販売することにより売上増加と収益性改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社椎名人工孵化場
所在地:
千葉県山武郡横芝光町木戸6177
電話番号:
0479-84-1008
FAX番号:
0479-84-3363

認定日:2010年10月 5日



このページの先頭へ