本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[千葉県] [2008年度 第3回認定]
国産本まぐろの養殖と商品化・販売事業

連携体 中小企業者:(株)マックシステム(道路貨物運送業)
農林漁業者:松村友末(水産養殖業)
連携参加者:(株)ティンホン(水産食料品製造業)、(株)デリック(その他の専門サービス業)
サポート機関等 千葉県商工会連合会、成田東商工会、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(株)マックシステムは、生鮮食料品の運送において他社との差別化を模索していたところ、養殖本まぐろという魅力的な素材とめぐり合い、長崎県対馬市においての養殖事業を行う松村友末氏と連携を開始することとなった。他に、本まぐろの加工、PB商品提供を行う事業者、飲食店向けメニュー開発のノウハウを持つ事業者の協力を得て、新商品開発を行い、レストラン等外食産業に本まぐろ一本まるごと加工した商品を提供する。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業では、長崎県で漁獲された国産養殖本まぐろを一貫したチルド物流システムで輸送し、国産養殖本マグロを刺身用商品と血合い、皮、端材肉などの特殊部位を活用したハンバーグ、乾燥チップなど商品開発していく。「国産」「本まぐろ」という商品価値とトレーサビリティによる安全安心をレストランや居酒屋等の外食産業に対して販売していく。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・6億円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用者創出数・・・4名(平成25年度・連携体全体)
  • 国産本まぐろ養殖地としての認知度の向上

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社マックシステム
所在地:
千葉県富里市七栄524-19
電話番号:
0476-73-3231
FAX番号:
0476-73-3074

認定日:2009年3月19日



このページの先頭へ