本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[青森県] [2010年度 第3回認定]
青森県産原料を用いたこんにゃく食品の開発、製造及び販売

青森県産のこんにゃくを使用して、麺やご飯などに代わるレトルト食品やグミなど総合的なこんにゃく食品シリーズを開発し、県産原料使用の食品として販売する。

連携体

農林漁業者 (農)あづま(農業)

ビニールマルチング技術、輪作ノウハウ及び農産物の乾燥・粉末化技術を活かし、寒冷地でのこんにゃくいも栽培と一次加工(精粉生産)に取り組む。また、商品の味付けに必要なニンニクパウダー等も提供する。
中小企業者 (株)福島屋(食料品製造業)

様々な形状のこんにゃくを製造する成型技術と味を染みこみやすくする配合技術を活用し、グラタン、リゾット、ラーメン等の缶詰、グミなど総合的なこんにゃく食品シリーズの商品を開発し、販売する。
連携参加者 青森県農産品加工(協)(協同組合)、三浦醸造(食料品製造業)

県産原料を用いた加工食品群「あおもり正直村」ブランドの売り場提供、及び商品の最終的な缶詰を行う。
サポート機関等 青森県中小企業団体中央会、(独)中小機構東北

連携の経緯

(株)福島屋では、原料となるこんにゃく精粉の大きな価格変動の影響を回避するため、一部、県内農業者からこんにゃくいもを購入していたが、より多くの原料が必要となった。地元産のこんにゃくいもの精粉を行っていた(農)あづまは、こんにゃくいもの大規模栽培も可能なことから、青森県中小企業団体中央会の紹介により連携が始まった。

連携に当たっての課題や工夫

こんにゃくいもは群馬県が主産地であり北東北では冷涼な気候のため栽培が難しい。(農)あづまは、地域でこんにゃくいもを栽培している農業者と連携し、青森県畑作園芸試験場の支援を得ながら栽培管理技術を確立し、大規模農地を活用して安定的な収量確保を目指す。(株)福島屋は、独自のこんにゃく成型技術や配合技術をもとに地元産原料を用いた特徴ある商品の開発を行い、他社との差別化を図る。


連携による効果

農林漁業者 4年間350万円の売上高増加、安定した供給先確保、経営の安定化

こんにゃく芋の契約栽培、精粉(一次加工)処理により、安定的な収入が期待される。また、当該事業のために精粉用の機械の導入を行うことにより、生産性の向上が図られる。
中小企業者 4年で約3,100万円の売上高増加、収益性の改善、県産原料によるこんにゃく食品シリーズ化

青森県産こんにゃくいもを原料とした食品を順次開発することで、売上の増加と収益性の改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社福島屋
所在地:
青森県青森市古川3-14-8
電話番号:
017-775-3001
FAX番号:
017-723-1480

認定日:2011年2月 8日



このページの先頭へ