本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[秋田県] [2008年度 第3回認定]
秋田産花材によるプリザーブドフラワーの生産及び国内外向け販売事業

連携体 中小企業者:(有)フラワート(その他製造業)
農林漁業者:(有)あぐり大内(花き作農業)、農事組合法人羽後フラワーファーム(花き作農業)
連携参加者:
サポート機関等 (財)あきた企業活性化センター、地域活性化支援事務局

事業概要

プリザーブドフラワーの生産

プリザーブドフラワーの生産

連携の経緯

(有)フラワートは、花材として薔薇が中心であったプリザーブドフラワーの加工技術を向上させ、平成18年には比較的花弁の軟らかい花であっても量産加工を可能とした。
 (有)あぐり大内は、平成18年に建設業から農業進出し、健康野菜を栽培していた。今回、高級品、新製品用のプリザーブドフラワー向け花材の生産のため、農事組合法人羽後フラワーファーム(4名の農家が平成21年に設立)と共に寒冷地栽培に取り組み、連携して事業を実施するに至る。


ブリザーブドフラワーの製品

ブリザーブドフラワーの製品

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業では、これまで花が厚く、形が崩れにくい花種が中心であったプリザーブドフラワー市場に対して、秋田産花材により、新しい花種で完成度の高いプリザーブドフラワーをフラワーアレンジメントやインテリアフラワー市場をメインターゲットとして販売する。
 また、ヨーロッパ向けの花材生産と加工により、海外展開を図る。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・7,020万円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用者創出数・・・9.5名(平成25年度・連携体全体)
  • 市場価格に左右されることなく、花きを栽培できることによる、農家収入の安定化.規格外品生花(葉に傷がある、花数が少ないなど)であっても、加工し出荷できることによる収入増

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社フラワート
所在地:
秋田県由利本荘市岩城内道川字新鶴潟84
電話番号:
0184-73-3457
FAX番号:
0184-73-3466

認定日:2009年2月17日



このページの先頭へ