本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2014年度 第2回認定]
愛知県産合鴨を活用したレバーペースト等加工食品の製造・販売事業

ストレスフリーにより飼養した合鴨を活用し、新たな加工技術により生産するレバーペースト等加工食品の販路拡大を行う。

連携体

農林漁業者 鵜殿芳弘(畜産農業)

独自の配合飼料及びストレスフリーにより飼養した合鴨の安定供給を図る。
中小企業者 (有)鳥市精肉店(食料品製造業)

合鴨を使用し、独自の加工技術を活用したレバーペースト等加工食品を製造、販売する。
サポート機関等 豊橋信用金庫、(独)中小企業基盤整備機構中部本部

連携の経緯

飼養面積を拡大した鶏舎

飼養面積を拡大した鶏舎

精肉販売を行う(有)鳥市精肉店(愛知県豊橋市)は、新たな自社ブランド加工食品の開発にあたり、食鳥処理過程で廃棄されていた合鴨レバーを活用できないか検討し、鉄分の含有量が多いレバーを生産できる農業者を探していた。
 一方、合鴨の飼養を行っている鵜殿芳弘(愛知県豊橋市)は、付加価値の高い商品の原料となる合鴨の飼養、生産を模索していた。
 こうした中、両者が連携し、合鴨レバーペースト等加工食品の製造、販売を行う新事業に着手することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

新商品「あいち鴨レバーペースト」

新商品「あいち鴨レバーペースト」

(有)鳥市精肉店は、レバーの臭みを抑え、独自の風味、食感を引き出すペースト加工技術を活用した。
 鵜殿芳弘は、新たにビタミン等を配合した飼料を開発し、飼養面積の拡大によりストレス軽減を図る飼養方法を活用した。


連携による効果

農林漁業者 5年で売上額270万円を拡大することによる経営の改善

合鴨の飼養、生産により安定した収益が確保されるため、経営の改善が図られることが期待される。
中小企業者 5年で売上額3,900万円を拡大することによる経営の向上

合鴨レバーペースト等加工食品の製造、販売により安定した収益が確保されるため、経営の向上が図られることが期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社鳥市精肉店
所在地:
愛知県豊橋市東小田原町26-1
電話番号:
0532-52-3754
FAX番号:
0532-52-3758

認定日:2014年10月15日



このページの先頭へ