本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2014年度 第1回認定]
長野県産霊芝を活用したビールテイストノンアルコール飲料の製造・販売事業

農薬を使用しないで栽培した長野県産霊芝を活用し、新たに開発した製造方法により生産するビールテイストノンアルコール飲料の販路拡大に取り組む。

連携体

農林漁業者 中沢邦久(農業)

周辺農地からの農薬飛散を防ぐためのハウス栽培により霊芝を生産し、さらに効率的に成分抽出できるサイズに裁断して供給することにより、収益の拡大を図る。
中小企業者 小弓鶴酒造(株)(製造業)

長野県産霊芝を活用し、独自に開発した製造方法によりビールテイストノンアルコール飲料を生産することにより、収益の拡大を図るとともに、新たな市場を開拓する。
サポート機関等 犬山商工会議所、大垣共立銀行、(独)中小企業基盤整備機構中部本部

連携の経緯

愛知県犬山市で地ビール製造を手掛ける小弓鶴酒造(株)は、地ビール製造ノウハウを活かした健康志向の新商品開発を進める中、ホップに代わる新たな原材料として霊芝に着目。一方、長野県中野市で霊芝栽培を行っていた中沢邦久は、付加価値の高い霊芝の安定的な生産に取り組むことから、両者が連携して新たな商品を開発し、ビールテイストノンアルコール飲料の製造、販売を行うこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

中沢邦久は、周辺農地からの農薬飛散を防ぐため、ハウスによる霊芝栽培を行うとともに、効率的な成分抽出できるサイズに霊芝を裁断する。小弓鶴酒造(株)は、独自の発酵、アルコール除去方法を開発し、ホップに似た苦み、風味を持つ霊芝を使用することにより、地ビールが持つ独特の味わいを有するノンアルコール飲料の製造、販売を行うことにより、新たな市場を開拓する。


連携による効果

農林漁業者 5年で230万円の売上高増加による収益力の向上、作付面積の拡大

付加価値の高い霊芝の生産により、売上高拡大及び収益力向上の確保が期待される。
中小企業者 5年で3,800万円の売上高増加、新たなブランドの構築

霊芝を活用したビールテイストノンアルコール飲料の製造・販売をすることにより新たな市場を開拓するとともに、新たなブランドの構築が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
小弓鶴酒造株式会社
所在地:
愛知県犬山市大字羽黒字成海郷70
電話番号:
0568-67-0033
FAX番号:
0568-67-3815

認定日:2014年7月 7日



このページの先頭へ