本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2011年度 第3回認定]
再生した農地でつくる野菜を原料にした新たな介護用ペースト食品の製造・販売事業

農薬や化学肥料を極力使わずに栽培した農産物を利用し、これまでにない新感覚のペースト状介護食を製造・販売する。

連携体

農林漁業者 (有)東野(農業)

地元の荒廃農地を再生し有機土壌で栽培した農作物を、皮むき、カット等の前処理加工をして提供する。
中小企業者 (株)ミールズ(飲食料品卸売業)、(株)葵フーズディナーズ(食料品製造業)

独自技術に基づいて作る新感覚のペースト状介護食を企画・製造するとともに、新たな販路開拓を行いながら提供する。
連携参加者 (株)ひまわり(社会保険・社会福祉・介護事業)、伊藤光容・三宅克博・足立武文(以上、農業)

(株)ひまわりは独自技術を貸与し、農業者は野菜の栽培支援を行う。
サポート機関等 (独)中小機構中部

連携の経緯

岐阜県恵那市で建設業を営んできた(有)東野は、災害復興に携わる過程で、荒廃する農地を再生することを目指し農業に進出した。地道な土作りから始め、農薬や化学肥料を極力使わない栽培方法でにんにくを中心に栽培面積を増やしてきた。さらなる再生農地拡大を目指す中、規格外品を含めた作物の安定供給先を探していたところ、(株)ミールズに出会った。
 (株)ミールズは、高齢者への出張料理に携わってきた代表者が、介護事業を手がけ介護食を開発する(株)ひまわりと理念を共有して設立された会社であり、新感覚のペースト状介護食を試作してきたが、それに適した素材を探す中で(有)東野と出会い連携に至った。また、チューブ品の製造に至る課題解決ができる製造先として技術対応が可能であった(株)葵フーズディナーズと連携することで、チューブ品の商品化が可能となった。

連携に当たっての課題や工夫

(株)ミールズは、独自技術に基づいてペースト状介護食を企画、開発するとともに、均一な品質での製造が困難とされるチューブ品での農作物ペーストの加工手順と充填殺菌という課題を(株)葵フーズディナーズとの連携で成功させた。また、シェフでもある代表者のノウハウにより素材のおいしさを活かす食材に仕上げてきた。
 (有)東野は、(株)ミールズが介護現場で要望を受けた野菜を計画栽培し、皮むき、カット等の前処理加工を行う。今後は栽培面積を増やすと共に荒廃農地の再生事業を継続する。
 (株)葵フーズディナーズは、ペーストの離水現象を防止するため米油の配合比を検討し、ボイル時間や塩分濃度を調整して試行錯誤することで、チューブ充填における技術対応を行う。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,470万円の売上高増加による収益力向上、地域農作物の販路拡大

農作物を計画生産でき、通常の規格外品も正規品と同様に無駄なく出荷できる。また、作付け面積を拡大し生産量を増やすことで地域農地再生と地域農作物の販路拡大が期待できる。
中小企業者 5年で13,370万円の売上高増加、新規用途開拓による新たな市場の創出

競争優位性があり差別化された新たな介護食を製造・販売することで新市場の創出が期待できる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社ミールズ
所在地:
愛知県名古屋市中区丸の内2-1-37
電話番号:
052-218-7922
FAX番号:
052-222-4517

認定日:2012年2月 3日



このページの先頭へ