本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2011年度 第2回認定]
木曽川産「超極早生玉葱」を活用したベジタブル&フルーツスイーツの開発、製造及び販売事業

全国の玉葱種子生産量の約3割を生産する木曽川町玉葱採種組合において、地域の特産物として新たに食用玉葱を出荷するとともに、地元の老舗和菓子店がその特徴を生かした新たなスイーツを製造販売する。

連携体

農林漁業者 木曽川町玉葱採種組合(農業)

従来は採種用として超極早生玉葱の栽培を行っていたが、新たな地域特産物を創出する目的として地元産玉葱を商品化するため食用玉葱の栽培を行い亀屋等へ供給する。
中小企業者 (株)亀屋(食料品製造業)

玉葱を乾燥・焙煎処理し、和菓子でも洋菓子でもない新たなスイーツを企画製造販売し、新たな地域特産品として商品化する。
連携参加者 (株)ごとういしょう (その他生活関連サービス業)

(株)ごとういしょうが運営する結婚式場及びレストランにおいて本商品を提供する。
サポート機関等 木曽川商工会、名古屋大学、(独)中小機構中部

連携の経緯

木曽川四季菜(カラフル)サンド

木曽川四季菜(カラフル)サンド

一宮市木曽川町で老舗和菓子店を営む(株)亀屋は、日頃から伝統を生かしつつも新たな感覚の商品を作り提供しており、地元の顧客を中心に根強い人気を得ている。その一環として、当地域の特産品に採種用玉葱があることから玉葱を使った菓子を作ることを目指し、地元商工会を通じて木曽川町玉葱採種組合とが連携して、地元産玉葱を生地に練り込んだ新たなスイーツ「木曽川四季菜(カラフル)サンド」が完成するに至った。

連携に当たっての課題や工夫

(株)亀屋は木曽川町玉葱採種組合が栽培した玉葱を菓子に使うため、その加工方法を幾度に渡って試作を行った。具体的には、ペースト化や粉末化を行ったが、玉葱の辛みが抜けずおいしい菓子にできなかった。しかし、試作を重ねる中で、一旦玉葱を乾燥させた上で焙煎するという新たな加工方法に行き着き、風味を残しつつも甘みを出すことが可能となった。また、和菓子製造で一般的に使用する粒餡を使用しないという取組も行った。一方、木曽川町玉葱採種組合は、有機物が植物体に吸収されやすい土壌となっている水田耕作地を玉葱栽培用として転用する等、玉葱の生育に適した環境での栽培を行うこととした。


連携による効果

農林漁業者 5年で300万円の売上高増加と新規就農者の創出

採種用だった玉葱を新たに食用として栽培し提供することで、農家の収入増加による経営改善と、新規就農者の創出による後継者問題の解決が図られる。
中小企業者 5年で1,080万円の売上高増加と地域農作物の認知度向上

地域農作物を活かした商品を展開することで、若い世代を中心とした新規顧客の獲得が期待されるとともに、木曽川玉葱の認知度向上が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社亀屋
所在地:
愛知県一宮市木曽川町玉ノ井字春日井228
電話番号:
0586-86-4620
FAX番号:
0586-86-4541

認定日:2011年9月29日



このページの先頭へ