本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2010年度 第2回認定]
ハイドロカルチャー(水耕栽培)による栽培が容易な予約式鉢植え野菜苗等の 生産・販売事業

水耕栽培された野菜等を発泡煉石を用いたプランターとして、季節に応じた野菜苗等を年間を通じて提供する。

連携体

農林漁業者 (有)ラスタ(農業)

ハイドロカルチャー(水耕栽培)による野菜苗等の栽培と栽培の多品種化に取り組む。
中小企業者 (株)プラネット(園芸植物販売業)

栽培が容易な水耕鉢植え野菜等を、年間通して楽しめる予約販売のビジネスモデルを構築し取り組む。
サポート機関等 (株)サイエンス・クリエイト、豊川信用金庫、(独)中小機構中部

連携の経緯

愛知県豊橋市に植物物流拠点を持ち、東京、名古屋、大阪で観葉植物を中心にしたサービス事業を行う(株)プラネットは、納品・メンテナンスの機能を生かして、手間をかけずに気軽に野菜などの栽培を楽しむことができる商品の開発をしていたところ、植込み材に土を使用しない発泡煉石に着目。また、愛知県田原市で屋外向けの野菜等の豊富な栽培経験とノウハウをもつ(有)ラスタと野菜苗等の水耕栽培することで連携した。年間を通じ、季節に応じた野菜栽培、収穫までを楽しむことができる鉢植え野菜苗等の生産・販売事業を開始することになった。

連携に当たっての課題や工夫

(株)プラネットは、季節に応じた鉢植え野菜苗等を予約販売方式により、新たな市場を開拓し事業の拡大を目指す。一方(有)ラスタは、ロックウール等を使用した野菜苗等の育苗を行い、発泡煉石での栽培に適合したハイドロカルチャー(水耕栽培)品種の開発と多品種化を図る。


連携による効果

農林漁業者 4年で1,160万円の売上高増加、農業の効率化

新たに水耕栽培野菜等を受注生産方式で行うことで経営の付加価値額を高め、収益性の安定、向上が期待される。
中小企業者 4年で4,870万円の売上高増加、鉢植え野菜苗等の普及

予約式鉢植え野菜苗等を販売することで新たな市場を開拓し、付加価値のある差別化商品の強化が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社プラネット
所在地:
愛知県豊橋市大清水町元町61番地の2
電話番号:
0532-25-8677
FAX番号:
0532-25-5662

認定日:2011年2月 2日



このページの先頭へ