本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2010年度 第1回認定]
日当たりと乾燥に強いスナゴケを活用した省メンテナンス屋上緑化用人工芝一体型シートの製造・販売事業

保湿性・排水性に優れ、無土壌で生育する軽量な屋上緑化用人工芝一体型スナゴケシートの製造・販路拡大を行う。

連携体

農林漁業者 (株)特殊緑装山形(農業)

茎葉体栽培による短期間でのスナゴケ栽培方法の確立と最適な湿度管理により高品質なスナゴケの安定生産に取り組む。
中小企業者 丸中ゴム工業(株)、(株)吉田(以上、その他の製造業)

(株)吉田は、異物除去用のスナゴケ洗浄機械等を開発する。また、丸中ゴム工業(株)は、不織布を織り込む技術を応用し、屋上緑化用人工芝一体型シートの生産、販売に取り組む。
サポート機関等 あいち産業振興機構、(独)中小機構中部

連携の経緯

名古屋市で建機車輌用タイヤや不織布製品の製造・販売を行っている丸中ゴム工業(株)は、緑化製品の開発を行っていたところ、不織布に植物を織り込む製造方法を開発。植物には根を必要とせず生育し、乾燥にも強いスナゴケに着目。山形県でスナゴケの栽培を行っている(株)特殊緑装山形が短い生育期間で高品質なスナゴケの栽培を、(株)吉田がコケ内の異物を除去する自動洗浄機械を開発することで連携し、屋上緑化用人工芝一体型スナゴケシートの製造・販売する事業を開始した。

連携に当たっての課題や工夫

競合品が多数ある中でいかに優位性をPRできるかが課題。(株)特殊緑装山形は、コケの裁断や品質管理体制を徹底することで、成長が早く質の高いスナゴケを栽培。(株)吉田は独自の異物除去用自動洗浄機械を開発。丸中ゴム工業(株)は、スナゴケを固定した不織布に人工芝を織り込むことで飛散を防止し、無土壌で散水が不要な軽量かつランニングコストが抑えられた屋上用人工芝一体型スナゴケシートの製造・販売を行う。


連携による効果

農林漁業者 5年後、2,200万円の売上高増加による収益力の向上、作付面積の拡大

乾燥に強いスナゴケを生産することにより高い収益性が確保されるとともに、地域でのスナゴケ生産の認知度向上により栽培地の拡大が期待される。
中小企業者 5年後、1億1,560万円の売上高増加、屋上緑化によるCO2排出量の削減

中小企業者の基盤技術を活かしたメンテンナンスが容易な商品によりオフィス等の屋上緑化が進展し、地球温暖化への抑制効果が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
丸中ゴム工業株式会社
所在地:
愛知県名古屋市瑞穂区二野町4-11
電話番号:
052-889-5556
FAX番号:
052-889-3338

認定日:2010年10月 4日



このページの先頭へ