本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2009年度 第2回認定]
胡蝶蘭全国市場シェアトップの豊橋市にて行う低価格小型胡蝶蘭の生産・販売事業

独自の栽培方法に加え、温度管理システム等の導入により、“気軽に楽しめる”低価格の小型胡蝶蘭を開発。さらに、栽培履歴や栽培方法をWEBにより情報発信し、一般家庭向け・贈答向け市場を開拓する。

連携体

農林漁業者 尾崎哲司(農業)

温度管理や矮化処理等の栽培方法により、低価格な小型胡蝶蘭の生産に取り組む。
中小企業者 (株)リーフ(花卉販売業)、(有)エイミング(情報処理業)

(有)エイミングは、温度管理システムや在庫管理システムを開発し、栽培及び販売の効率化等に取り組む。また(株)リーフは、一般消費者向けの“気軽に楽しめる”低価格の小型胡蝶蘭の企画・開発及び販売を行う。
サポート機関等 (株)サイエンス・クリエイト、豊橋信用金庫、地域活性化支援事務局

連携の経緯

贈答用高級胡蝶蘭の需要が縮小傾向の中、(株)リーフは、一般消費者向けという新たな市場に進出するため、低価格で気軽に楽しめる胡蝶蘭を企画。かねてからの取引先であった胡蝶蘭生産者の尾崎哲司と連携して小型胡蝶蘭の開発に取り組んだ。一方、胡蝶蘭の低価格化には、栽培方法の効率化、省力化が必要不可欠であることから、IT技術に強みを有する(有)エイミングに打診し、連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

(左)【ミディ胡蝶蘭】寸法:約30cm (右)【ミニ胡蝶蘭】寸法:約18cm

(左)【ミディ胡蝶蘭】寸法:約30cm
(右)【ミニ胡蝶蘭】寸法:約18cm

胡蝶蘭の小型化及び低価格化にあたり、尾崎哲司は、徹底した温度管理と矮化処理による栽培方法で小型胡蝶蘭を開発し(有)エイミングは、温度管理システム等の開発による生産・販売の効率化に取り組むとともに、QRコード等を活用した販売支援を行う。(株)リーフは“気軽に楽しめる”低価格小型胡蝶蘭の企画・開発を行い、栽培履歴の開示や 栽培方法の指導等も行って一般消費者向け市場の開拓及び販路拡大を目指す。


連携による効果

農林漁業者 5年で2,359万円の売上高増加、システム導入による農業の効率化と省力化

温度管理システムの導入による栽培の効率化とともに、小型胡蝶蘭の生産・販売による付加価値、収益性の向上を図る。
中小企業者 5年で5,336万円の売上高増加、小型胡蝶蘭の市場開拓

本連携事業により、低価格の小型胡蝶蘭を広く普及させ、従来の胡蝶蘭と差別化した商品展開により一般消費者向け市場を開拓する。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社リーフ
所在地:
愛知県豊橋市細谷町字小袋松173番地
電話番号:
0532-29-1588
FAX番号:
0532-29-1566

認定日:2009年12月10日



このページの先頭へ