本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2009年度 第1回認定]
ココ椰子繊維由来の素材を使ったハーブ・観葉植物等の花きの開発・育成・販売

生分解性、保水・透水性等の特徴を備える天然素材を容器・用土に活用し、ビジュアルに優れた花き製品を開発・育成・販売。

連携体

農林漁業者 石川良三、伊藤好博(農業)

ココ椰子繊維由来の容器・用土を用いた育苗方法の開発、これらの素材を用いた花き製品の栽培をおこなう。
中小企業者 株式会社美里花き流通グループ(その他卸売業)

ココ椰子繊維由来の素材を使った花きの商品開発、販売をおこなう。
連携参加者
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

市場流通している規格品との差別化を図るため、付加価値の高い花き商品を模索していた株式会社美里花き流通グループが、ココ椰子繊維由来の用土を使う栽培を研究・実用化してきた石川良三、伊藤好博と出会い、市販品に見られる塩ビ容器を天然素材に転換する取り組みをおこなうため、連携事業を開始した。

連携に当たっての課題や工夫

生育管理が難しい育苗段階で生物由来の素材を使うと、カビの発生や水枯れなどの懸念が生じるが、きめ細かい栽培管理技術や用土配合の工夫等、農業者のノウハウを活用して効率よく栽培を行う。
 また、花きの栽培履歴や栽培方法等の積極的な情報発信及び小売店舗網等で得られる消費者ニーズの収集等、生産農家と消費者を繋ぐことにより、更なる高付加価値化に取り組む。


連携による効果

農林漁業者 5年後1,650万円の売上高増加、33アールの休耕田の活用

成長市場に対応する商品を供給するため33aの休耕田等を活用し、市場を通さない新たな農業ビジネスモデルを確立する。
中小企業者 5年後4,700万円の売上高増加、新規雇用者数10名の増加

契約栽培によって安定した商材の確保を図るとともに、環境配慮やデザイン性など店頭訴求力を持った商品を提供する。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社美里花き流通グループ
所在地:
名古屋市瑞穂区瑞穂通八丁目9番地の1
電話番号:
052-851-3293
FAX番号:
052-851-8733

認定日:2009年7月17日



このページの先頭へ