本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2008年度 第2回認定]
鮮度管理されたブランド卵の販売事業

連携体 中小企業者:(株)太田商店
農林漁業者:(有)杉山ポートリー
連携参加者:
サポート機関等 中部地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

飼料販売会社の(株)太田商店と養鶏農家の(有)杉山ポートリーが共同で付加価値の高い鶏卵の開発に着手し、数年の飼料研究の結果、オリジナル卵が完成した。
 オリジナル卵をブランド化するためには卵そのものの味だけでなく、鮮度アピールや販売方法の工夫も必要となり、鮮度管理を確立した直売店での販売に取り組むこととした。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

本連携事業が取り扱う「ランニングエッグ」は、産卵後3日以内の店舗販売を実現する、鮮度とトレーサビリティーが確保されたブランド卵である。さらに、卵を産ませる鶏の日齢を、おいしい卵を産むことのできる220日から420日に限定している。
 杉山ポートリーでは産卵する鶏の日齢管理を徹底しておりひなの状態から、ゲージを日齢ごとに分けて鶏を管理することによって、卵を産んだ鳥の日齢を識別している。太田商店では、直売店を開設することで、集卵の翌日に店頭に並べ、親鳥の日齢・産卵日・生産者を表示することによって、産卵後3日以内だけの卵を店頭で販売する新たな卵ブランドの確立を行う。
 また、ランニングエッグは、本連携体の共同開発によるオリジナル飼料の使用により、栄養価が高く、低コレステロールという特徴がある。
 今後は、直売店のさらなる展開、無料試食イベント等を通じ、ブランド卵「ランニングエッグ」の浸透を図る。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 目標売上高 1億2,600万円(平成25年度)
  • 三河産ブランド卵の浸透・確立
  • 専門店展開により地元小売業の活性化

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社太田商店
所在地:
愛知県岡崎市福岡町字北裏25-2
電話番号:
0564-51-9703
FAX番号:
0564-51-9733

認定日:2008年12月22日



このページの先頭へ