本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[愛知県] [2008年度 第2回認定]
抹茶業界初の「粉末状退色防止抹茶」の製造・販売事業

連携体 中小企業者:(株)あいや(製造業)
農林漁業者:(有)ヤマフジ製茶(農業)
連携参加者:太田油脂(株)、ユタカフーズ(株)
サポート機関等 中部地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

国内抹茶製造のトップ企業である(株)あいやは、長年取引のある碾茶生産農家(有)ヤマフジ製茶とともに、市場からの要望が高い退色防止抹茶の開発に取り組んできた。
 (有)ヤマフジは、低乗位摘採車の活用や液肥の採用によって、高品質を保ちながらコストダウンを実現し、新商品に最適な碾茶を(株)あいやに供給する。(株)あいやは、同社の強みである粉砕加工技術と品質管理体制を活かし、連携参加者の太田油脂(株)の食用生成加工油脂とユタカフーズ(株)の配合技術を活用することで、退色防止抹茶を生産し、加工食品市場への供給することが可能となった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

抹茶は熱を加えると退色する性質があり、加熱してもきれいな緑色を保つ抹茶の開発が加工食品業界から熱望されていた。同製品は、抹茶を特殊な油脂で急速に包み込むことによって加熱による退色が少なく、かつ抹茶本来の香りを保持し続けるという特色を有しており、菓子メーカーから“画期的新製品”との評価を得ている。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高 71,100千円
  • 新たな農業ビジネスモデルの開拓
  • 新たな食材の開拓
  • 新たな生産技術(お茶の摘採機・液肥)の改良・開発

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社あいや
所在地:
愛知県西尾市横町屋敷15
電話番号:
0563-56-2233
FAX番号:
0563-56-2257

認定日:2008年12月22日



このページの先頭へ