HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

6次産業化先導モデル育成事業(施設整備)

事業のポイント

被災地の農林漁業者等と被災地または被災地以外の食品産業事業者等との連携により、6次産業化を進める先導的取組を支援します。
[* 被災地とは青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県]

事業の趣旨

東北地方を新たな食料供給基地として再生していくためには、農林漁業者等が早期に経営を再開することが不可欠となっていますが、そのためには、高付加価値化、低コスト化、農業経営の多角化といった戦略を組み合わせることが必要です。

このため、被災地の農林漁業者等と被災地または被災地以外の食品産業事業者等との連携により、被災地を核とする6次産業化を進める先導的取組を支援します。

主な内容

被災地・被災地以外の地域における農林漁業者団体、食品産業事業者等が連携して
(1)被災地において農林漁業者等を雇用する取組
(2)被災地において6次産業化を推進する取組
等を行う場合に、農林水産物生産施設、農林水産物加工施設、食品加工・販売施設等の整備を支援します。
 補助率:1/2以内
 事業実施主体:民間団体

農林漁業者、食品産業事業者等が連携して事業を実施

事業の詳細

東日本大震災復旧・復興農山漁村の6次産業化対策に係る6次産業化先導モデル育成事業の公募について【農林水産省】

6次産業化を進める先導的取組を総合的に支援します(6次産業化先導モデル育成事業)(PDFファイル)