本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 起業する > 闘いつづける経営者たち

闘いつづける経営者たち


画像をクリックすると拡大表示します

01.順調にまい進してきたかのように見えるが、頑張るほかに道は無かった

目を見張る快進撃

100円ショップのダイソー。多くの人が店舗を訪れたことがあるに違いない。1991年に1号店をオープンし、約20年で国内外に3,000店舗を展開するまでに成長した。年間の購買者は延べ6億人。1日に160万人が買い物する計算になる。

扱うアイテム数は、約9万種類。日用品から電気製品、食品、化粧品、CD、書籍まで、ありとあらゆる商品が揃う。全国に30カ所ある自社倉庫は7万250坪。大型店舗のギガ町田店とギガ船橋店の広さは2,000坪だ。一日回っても見切れない商品が並んでいる。

海外工場で生産される商品のボリュームも半端ではない。日本の総輸入貨物量の約1%は、ダイソーの商品になる勘定だ。1日の輸入量はコンテナ100本分。年間だと実に3万7,000本。そのスケールは同業他社を圧倒する。

2008年3月期の売上高は3,380億円。順風満帆に見える大創産業だが、矢野博丈は、「会社は潰れる」と悲観的な考えを口にする。

入社式で「会社は潰れる」

矢野が毎年、入社式で新入社員に話すことが2つある。ひとつは、「この会社は潰れる」ということ。入社式でいきなり「潰れる」では、新入社員も度肝を抜かれるだろう。地元の銀行からも「潰れる」発言はしないでくれと頼まれた。

しかし、この「潰れる」の意味は、「頑張って磨き続けなければ、劣化する」という意味。一丸となって進まなければ、渡っていけないという大きな励ましなのだ。

もうひとつは、バッファローの大移動の話だ。過酷な移動の途中で、川に流されたり、ライオンに殺されたり、弱いバッファローは死に絶え、強いバッファローだけが生き残る。「ダイソーに入社したからには、生き残るバッファローになって、数年後には先頭を走ってほしい」というのだ。

経営計画、戦略はないというが、「頑張る」「磨く」といった基本的な社員教育が、非常に徹底している。

本社には壁で仕切られた特別な会議室や商談室は用意されていない。端から端まで見渡せるフラットなオフィスに、商談スペースなどが区切られているだけ。社員と来客者の距離感が近く、緊張感が感じられる

本社には壁で仕切られた特別な会議室や商談室は用意されていない。端から端まで見渡せるフラットなオフィスに、商談スペースなどが区切られているだけ。社員と来客者の距離感が近く、緊張感が感じられる

広島の本社には、会議室や商談室は無く、端から端まで見渡せる職場で、社員が各自の業務に取り組んでいる。商談コーナーはその中にあり、メーカーの担当者が来社すれば、社員は相手の顔を見て、元気に挨拶する。活気に溢れ規律が感じられる。

予算やノルマが無くても、職場には緊張感がある。戦略や会議が無くても、各自が仕事に集中し、忙しそうに動いている。矢野は、「社員を一所懸命指導し、一所懸命怒り続ける」という。これが「商人の謙虚さ」なのだと。

ある社員が、「一度、びっくりするくらい怒鳴られたことがあった。でも、怒鳴られて、自分を戒め最善を尽くすことを学んだと思う。社長は厳しい反面、温かくて優しい人。他人にとても気を遣う人」と話してくれた。

「怒り続ける」には、ものすごくエネルギーが要るし、怒鳴って社員がついて来るには、信頼関係が無いと難しい。こうした矢野の独自の経営哲学は、数々の評価を受け、多くのメディアも注目している。

中東の小売業に与えられる Retail ME award の最優秀企業に選ばれたのは、中東進出後、わずか3年の2006年。アメリカの業界誌『STORES』の最も成長している企業の10位にランクインしたこともある。日本では、日本経済新聞の「21世紀の偉大な経営者」の79位に選ばれた。

過酷な環境の中で生き残れ

経営戦略などを掲げず、ひたすらまい進してきた同社だが、「頑張り続けるしかなかった」と矢野は言う。

これまでに、火事、倒産、夜逃げなど、いろいろ不運な出来事に遭遇してきた。自殺を考えたこともあったという。こうした出来事に遭って、「ただ食べるため、生きるために、必死に頑張るしかなかった」と、波乱の人生振り返る。

ダイソーが現在扱っているアイテム数は約90,000種類。それに毎月1,000種類ほどの新商品が生まれている。だから店舗に行くたびに新しい物が見つかる。なお1年間にレジを通過する顧客の数は約6億人にのぼる

ダイソーが現在扱っているアイテム数は約90,000種類。それに毎月1,000種類ほどの新商品が生まれている。だから店舗に行くたびに新しい物が見つかる。なお1年間にレジを通過する顧客の数は約6億人にのぼる

店舗を増やしたい、会社を大きくしたいと思ったこともないという。価格を抑えるために商品を大量に仕入れ、オリジナル商品を作ることで商品の種類、数量が増大した。同時にタイミングよく格好の不動産物件が見つかったりしながら、店舗数が増えていった。

「小売業において、店舗数の過剰は大変危険である」としながらも、店舗数が増え、事業は拡大していった。「不安はあった」と言いながら、「潰れないために頑張るしかない」と、ひたすら頑張った。

「採算が合わない」と撤退する同業者が現れても、同社は「ここで止めたら食えなくなる」と止まることはなかった。採算度外視でも、止めるわけにはいかないと頑張った。

バッファローの過酷な大移動のように、危険が待ち構えていることが分かっていても、ひたすら前に進んで力強さを育んできたのだ。

矢野博丈プロフィール

1943年生まれ。66年中央大学卒業後、学生結婚した妻の実家のハマチ養殖業を手伝う。3年後に倒産し、借金を抱え夜逃げ同然で上京。その後、書籍の営業やちり紙交換など転職を9回重ねる。ある時、移動販売に集まった人だかりを目にして、移動販売業を始めることに。「矢野商店」を立ち上げ、夫婦で一心に働き、値札を貼る手間も惜しいと、100円均一を導入した。社名も大きく創るという願いを込めて「大創産業」とし、質の高い商品展開に力を注いだ。移動販売を続けるなか、とあるスーパーから出店の誘いを受け、固定の店舗での展開を始める。固定の店舗での集客、売り上げは順調で、1991年に直営第1号の「高松店」をオープン。その後、着々と店舗を増やし続け、今では毎月、20〜30店舗を新しくオープンするまでになった。近年は、100円以上の高額商品の扱いも始めている。

企業データ

株式会社大創産業

〒739-8501
東広島市西条吉行東1丁目4番14号
TEL:082(420)0100(代表)

事業概要:100円ショップ ザ・ダイソーのチェーン展開
設立:1977年12月
資本金:27億円
売上高:3380億円(2008年3月期)
従業者数:400名


掲載日:2009年3月26日


このページの先頭へ