本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 起業する > 闘いつづける経営者たち

闘いつづける経営者たち


画像をクリックすると拡大表示します

02.福祉事業に参入し社会に利益還元

生コンクリート製造販売を手がける一方、1990年代後半から福祉事業に参入した。柳内光子社長は「コンクリート事業は地域性、公共性が強いため、社会に利益を還元したいという思いがあった。また早くに両親を亡くしたこともあり、そのぶん世の中のお年寄りに親孝行したいという気持ちもあった」と打ち明ける。

介護施設など引き継ぐ

そんな時、偶然にも茨城県牛堀町(現潮来市)が特別養護老人ホームの設立を検討していると知り、約2億5000万円の個人資産を投じて建設することを引き受けた。1998年に50床を備えた施設「福楽園」が完成し、福祉事業の第1弾となった。「長年温めてきた思いを、新たな出会いによって実行に移せた。現在ではグループ全体で20拠点以上を展開している」と語る。
 まったく異なる分野への挑戦だった。最初は何の予備知識もなく参入したが、取り組むうちに法制度や補助金などを把握できた。ノウハウを身につけて地元の東京都江戸川区でも事業に乗り出し、2002年に社会福祉法人の江戸川豊生会として特別養護老人ホーム「みどりの郷福楽園」を開設した。
 「現在は関東エリア10カ所で福祉施設を展開している。どこも優秀な責任者に実務を任せて地域特性に応じたサービスを提供している」と胸を張る。また山一興産の事業部門として始めた在宅介護サービスや福祉用具レンタル事業を、1999年に「ラビット」として分社化し、江戸川区を中心に活動している。

医療機関や学校も自然な展開で

約200人の生徒が学ぶ専修学校「草苑保育専門学校」

約200人の生徒が学ぶ専修学校「草苑保育専門学校」

介護福祉施設だけではなく、介護老人保健施設と医療機関の業態も手がけている。2000年に医療法人社団の健勝会を設立して千葉県睦沢町でリハビリテーション主体の介護老人保健施設「睦沢の里」を開設。その後、2007年に経営破たんした「三愛医院」(同県習志野市)の運営を引き継ぐことになった。「これも縁に導かれて実情を知ったことがすべて。地域の住民に必要な医療機関だと考えて手を挙げた。今は地域密着型の医院として活躍している。現在、運営している医療機関は3拠点」と、自然な展開だった。
 さらに保育施設と学校法人も運営している。「千葉県の浦安商工会議所の会頭に就任していた2005年、無認可の保育所を閉鎖しようとした浦安市に対し、両親ら100人が抗議するという事態になった。このため、運営を引き受けたことが始まりだ」と振り返る。 現在は3カ所の保育施設を展開する。また2010年に理事を務めていた東京都豊島区の学校法人・草苑学園の経営者が法人を売却しようとしたのを阻止し、先生らと一緒に自主運営に乗り出した。専修学校「草苑保育専門学校」を男女共学にして再出発し、今では約200人が通う学校として再生させた。

門外漢だからできたこと

これまでに培ってきた経営感覚を生かし、運営が困難になった福祉・医療施設などを相次いで立て直してきた。例えば千葉県習志野市の養護老人ホーム「白鷺園」の場合、行政が運営していた時は経営難だったが、2006年に江戸川豊生会の傘下に入れてからは赤字になっていない。柳内社長は「限られた資産で、より良いサービスを提供するという姿勢があれば、採算も改善する。社会に欠かせない福祉・医療施設だからこそ、存続させるために経営側の自覚が必要だ。グループ内には赤字が続いている施設もある。それでも組織を維持し、良質のサービスを維持できれば、社会貢献としての目的は果たせる。地域に還元することにこだわりたいので、必要以上に規模を拡大するつもりはない」と力を込める。
 異業種から福祉分野に挑戦した立場として、提案したいこともある。
 「門外漢だったからこそわかったこと、できたことが多いと感じている。これからの日本社会にとって重要な分野にもかかわらず、制度や慣習による締め付けが強いため、新規参入や運営面の改革を容易にできない。しかし、福祉事業が増えれば地域が活性化するだけではなく、雇用にとってもプラスだ。行政も税制免除などに再考の余地があるのではないか」(柳内社長)

柳内光子 プロフィール(やない・みつこ)

1939年東京都生まれ。1959年より生コンクリートの製造を始め、1963年に内山コンクリート工業(現内山アドバンス)、1969年に生コン・建設資材総合商社の山一興産設立を設立。地域密着型の製版一体サービスを確立した。1998年に社会福祉法人豊生会(現江戸川豊生会)を設立して福祉事業に参入し、現在は医療法人社団健勝会、学校法人草苑学園も運営。2004年浦安商工会議所会頭に就任。2007年藍綬褒章を受章。2012年渋沢栄一賞を受賞。

企業データ

山一興産株式会社

千葉県浦安市北栄4-20-10
業種:建設資材販売(生コンクリート、セメント、骨材 他)
資本金:5,000万円
売上高:505億円(2013年度)


掲載日:2014年4月11日


このページの先頭へ