HOME > 起業する > 創業者列伝

〜創業者列伝〜傑物の遺伝子
ソニー 創業者・井深大(4)
著者・歴史作家=加来耕三
イラスト=大田依良
square3 世界のソニーへ

   「やればなんだってできるのだ」

 この成功体験がテープレコーダーのトランク型の開発成功に結びつき、次の飛躍となるトランジスターラジオの開発へと受け継がれていく。

 アメリカのウエスタン社が開発したトランジスターをラジオに使おうと思いついたものの、製作は一向に前進せず、研究開発費は出ていくのみであった。

   「私はこのころトランジスターに手を出したことはたいへんな
    失敗だったかと幾度も反省させられた」


と、のちに井深は『私の履歴書』で告白している。ほかの商品化がスムーズにいっていればこその継続であった。どうにか世界で2番目のトランジスターラジオの商品化に辿りついた。
 この頃、盛田はそのラジオをもってアメリカへ売り込みにいっている。

 井深はテープレコーダーのときと同様、ラジオの小型化を企画した。改良して昭和32年、63型と称したラジオは世界最小の大きさで、ポケットに入った。この小型化の成功は、一家に1台のラジオの常識を、1人に1台の時代に踏み込ませることとなった。

 ソニーは物真似で追随する他のメーカーを振り切るために短波用、超短波用(FM用)トランジスターの開発へ進み、世界初のトランジスターテレビ(8インチ)、さらにはマイクロテレビの発売へと繋がっていく。無論、成功した開発の影には、井深の決断で研究を中断したものも少なくなかった。電卓、電子写真……etc。
 しかし、“ソニー”は世界に大きくはばたいた。

井深は言う。
井深大
 「――ほんとうの経営者は、来年、再来年になにをやるか。それはだんだんひろげていくのじゃなしに、だんだんせばめていくことだと思う。そこに集中しようと思ったら、いらんことはやめていく。それでなきゃ集中できない」
 「去年、アメリカのデュポンの人がいっていた。5年後の商品は60%がいま世の中に出てないもんだっていうんですね。これ、ウソじゃないと思う。そうなるとね、学校で教わったことなんて、少なくとも10年前のことなんだ。そこへ予想しないものが出てくるからあわてるんだけれども、なにが出てきても恐ろしくないという心構えをもつためには、それだけの応用力、フレキシビリティをもった人をこさえること。それが学校の先生の使命だと思うんだな」


一方で井深は、国民の間に広く科学技術を普及させたいと考え、「ソニー理科教育振興資金」という制度も作った。昭和34年のことである。

 昭和46年、63歳の彼は代表取締役会長となり、5年後には取締役名誉会長となった。 そして平成9年(1997)12月19日、急性心不全のため、この世を去っている。享年89。 井深とともに“昭和のおやじさん”を代表した本田宗一郎は、その5年前に84歳で没していた。

 もし、“昭和のおやじさん”たちが、平成不況の渦中に、いま、町工場を創業していたとすれば、彼らは喜々としてその苦境を脱したに違いない。
 夢とわがままが実現できる、こんな幸福な世の中があるものか、といいつつ。【文中敬称略】

(了)


創業者列伝のトップページへ