起業マニュアル

起業を思い立ってから開業するまでの『こんな時どうする?』に応えます

SEO対策
SEO対策

ホームページを作っても見てくれる人がいなければ役には立ちません。ホームページにはどこから人が来るのでしょうか?バナーやリンク、QRコード等いろいろとありますが、一番多いのが検索エンジンからです。ここでは検索エンジンからの流入において重要なSEO対策の基本について解説をしています。

SEO対策ってなに?

SEO対策のSEOはSearch Engine Optimizationの略で、Yahoo!やGoogleの検索エンジン(Search Engine)に対して、最適化(Optimization)するという意味です。もう少しわかりやすく書くと、「自分のホームページの検索結果をもっと上位に表示させるために、ホームページを改良すること」です。

この検索結果には2種類あるので気をつけてください。検索結果には「広告」の文字が付いている結果と、付いていない結果があります。前者は主にページの上部や下部に表示される「リスティング広告」と言い、後者を「自然検索」と言います。リスティング広告は、広告のため検索エンジンへ費用を支払えば金額に応じて上位に表示されます。一方で、自然検索の方はホームページの中身によって検索結果の上下が変動します。今回解説をするSEO対策はこの自然検索に対する対策です。

SEO対策のメリット

SEO対策を行っているホームページも多いため、人気のある検索ワードでは競争が激しくなっています。なぜここまで対策に力を入れているのでしょうか?SEO対策にはそれだけのメリットがあるからです。
先ほども書いたように、ホームページの集客において検索エンジンは一番重要な入り口となります。人気のあるキーワードで上位に表示されれば何もせずに、24時間365日、多くの人への自社の商品やサービスのアピールができます。店舗に例えるなら、人通りの多い大通りに面してお店を出しているようなものです。

一方で、検索結果の上位に表示されなければ、それは立地の悪いところにお店を出しているのと同じで、広告等の他の手段を使わない限り集客ができません。このようにSEO対策は集客において非常に重要になります。SEO対策にはもう一つ大きなメリットがあります。それは費用がかからないことです。人気キーワードの検索結果で上位に表示されても、検索エンジン側に支払う費用はありません。ホームページを改良するだけで、集客が変わるのです。

具体的に何をすれば良いのか

1.自然検索の結果の仕組み

クローラ(ロボット)と呼ばれる検索エンジンのプログラムが、世の中のホームページを調べています。そのクローラの調査の結果と、検索エンジンの基準(アルゴリズム)を照らし合わせて、上下の判定を行います。ここで重要なのが、検索結果の上下の基準となるアルゴリズムが非公開ということです。そのため、SEO対策には絶対という方法がなく、過去の経験や検索エンジン側から発表される方針から予測をして対策しているのが現状です。

2.どの検索エンジンで対策するのか

検索エンジンはたくさんありますが、利用者の多くはGoogleとYahoo!を使います。以前はGoogleとYahoo!の両方に対策をする必要がありましたが、2011年からYahoo!はGoogleの検索技術を利用しているため、Googleの対策さえすればおおよその利用者への対策はできることとなりました。

3.まずはキーワードを選ぶ

対策をする前に一番重要なのが、どのワードで上位に表示をしたいのかを決めることです。よく検索されるワードをビッグワード、あまり検索されないワードをスモールワードと言います。ビッグワードで上位に表示されると多くの人を呼び込むことができますが、その分競争は激しく上位に表示される難易度が高いです。スモールワードは、その逆になります。

では、ビッグワードとスモールワードどちらが良いのでしょうか?ここでおすすめなのが、ワードの組み合わせであるフレーズです。ユーザーが検索エンジンで何かを調べる時、対象が明確であればワードが複数(フレーズ)になるという傾向があります。ビッグワードを入れたフレーズで上位を狙えば、検索数もそこそこ多く、競争はあまり激しくなく、要望が明確な見込み顧客の集客を狙えます。

4.フレーズを入れたページ作り

どのフレーズで上位に表示をするのかを決めたら、そのフレーズに関するテーマで、ユーザーに役立つ記事をいくつか考えてみましょう。このような記事を定期的にたくさん掲載していくとSEO対策には効果的です。記事を掲載するにはブログの機能を活用するのもとても便利です。

5.気をつけて欲しい不正行為

一昔前までは様々な技術的な方法でSEO対策をすると検索結果が上位に表示されていました。しかし、その方法の多くはGoogleのアルゴリズムの変更と供に、不正行為とみなされました。Googleはユーザーの要望に沿ったページが上位に表示されるように常に改良を行っています。そのためユーザーに役に立つページを作ることが基本になります。

あわせて読みたい