起業マニュアル

起業を思い立ってから開業するまでの『こんな時どうする?』に応えます

開業直後にやっておきたい集客販促
開業直後にやっておきたい集客販促

開業直後において、重要なことはいかに優良顧客を作るかです。そのためには顧客との関係性の強化が必要となります。ここでは、顧客との関係性を強化するための基本と方法を紹介します。

開業直後の集客販促って何をすれば良い?

イタリアの経済学者パレートが発見したパレートの法則というものがあります。8:2の法則や働きありの法則という名前でも知られているものです。この法則では、売上の8割は2割の優良顧客で作られていると考えられています。2割の優良顧客のリピート率と購入単価を上げれば、売上は上げやすいということです。ではどのようにすれば、通常の顧客が優良顧客になるのでしょうか?その答えは、顧客との関係性を高めることです。顧客とのコミュニケーションを増やすと、関係性は高まりやすくなります。

顧客との関係性を高める方法

コミュニケーションを増やす代表的な方法としては情報発信と接客の2つがあります。

1. 情報発信

店内POPや会計時、無店舗型であれば決済やサンクスメールの時に案内をして、お客さんにSNSやメルマガに登録してもらいましょう。ノベルティのプレゼントや特別割引などの特典を付けると登録率も上がります。
登録後に定期的に新商品やキャンペーンの案内などを発信すると、お店のことを知ってもらえて、店舗への愛着も増していきます。特にSNSは、お店からの発信だけでなく、シェアやコメントをもらえる機能があり、双方向のコミュニケーションが可能なので、さらに関係性が強くなります。思わずコメントやシェアをしたくなるような遊び心のある投稿が重要になるので、他店の投稿を参考にして工夫してください。

2. 接客

店舗のスタッフに顔を覚えてもらえると、またお店に行きたくなる人が多いです。ネットショップなどの無店舗型の場合は関係ないと思うかもしれませんが、メールのやり取りや商品発送時の同梱物などで十分に接客は行えます。店舗あるなしに関わらず、2回以上来店してくれた顧客には「いつもありがとうございます」と伝えたりすると、お店への愛着を持たれやすくなります。顧客に合わせて接客を変えることが大切です。

3. ポイントカードやランク制度

コミュニケーションを増やす以外に、関係性を見える化する方法があります。来店の度にスタンプを押したり、来店数が多い順にランク付けをして、店舗との関係性をカードやランクで見えるようにします。こうすることで、店舗との関係性の強さを再認識し、また来店をしようという気持ちがうまれ、リピート率の向上につながります。ネットショップのシステムでも会員ランク機能が付いているサービスもあるので確認してみてください。

関係性を深める工夫

顧客との関係性ができたら、さらに関係を深める工夫をして、知人・友人にお店を紹介してもらいましょう。

1. 優良顧客だけの特典

優良顧客になると、他の顧客と違った扱いをされるとうれしくなる人が多いです。優良顧客への先行発売や特別割引など、特別扱いをする工夫をしてみましょう。

2. 友人を紹介してもらう

お店に愛着が強くなると、紹介したくなったりするものです。この気持ちを生かしたものに友達紹介キャンペーンがあります。紹介された友達だけでなく、紹介した人にも何か特典を付けるのが重要です。自分にもメリットがあるので積極的に紹介をしてくれる可能性が高まります。

あわせて読みたい