起業マニュアル

起業を思い立ってから開業するまでの『こんな時どうする?』に応えます

事業計画書はなぜ必要か
事業計画書はなぜ必要か

事業計画書は何のために必要なのでしょうか。起業の成功確率を高めることが狙いですが、そもそもの目的や使い方を理解しておくことが大切です。

計画書の作成目的

事業計画書を作成する目的は、大きく分けて2つです。作成にあたっては、「自分が見るため」と「他人に見せるため」の視点を持つことが大切です。

1.事業内容を明確にする

一つは、自身の頭の中で描いている構想を整理し、目標や事業内容を具体化することです。
事業内容をいろいろと考えていると「こんなこともできたらいいな」と新しいアイデアが浮かんできたりするものです。柔軟な発想でアイデアを出すことは大切ですが、事業全体を通してみると、つじつまの通らない事業内容になってしまう場合があります。
計画書の作成は、自分の頭の中を整理し、一貫したストーリーのある事業に組み立てたり、事業化に向けた行動を明確にすることに役立ちます。
また、作成した計画書は、計画した事業の進捗管理や経営における意思決定の拠り所としても活用できます。

2.資金支援や仲間の協力をえる

もう一つは、金融機関から開業資金の融資を受けたり、事業に一緒に取り組む仲間を集めるなど、関係者の協力をえるためです。
金融機関から融資を受けるには、事業の実現性が高く、返済能力に問題のないことが求められます。
また、仲間や従業員を集めるには、事業の魅力や将来性などをきちんと説明することが必要です。
自分一人で起業する場合はともかく、経営に必要な人材や資金を集めるためには、関係者の信頼を獲得できる計画書が不可欠になります。

用途別の計画書の考え方

計画書は、事業が同じであれば基本的に同一の内容になりますが、用途によって計画書のなかで「強調するポイント」を工夫することが重要です。

1.融資を受ける場合

金融機関から融資を受ける場合、事業計画書の内容を実行して、利息を含め、きちんと貸したお金が返済できることがポイントになります。
具体的には、事業計画書の損益計画や資金計画が希望的観測ではなく、実現性の高い数字になっていることです。そのために、売上や費用に対する根拠をしっかりと積み上げることが大切です。
また、金融機関では、窓口の担当者だけでなく、組織として審査を行いますので、他の審査をする人が見たときに、事業計画書の書かれている内容に説得力があるか、という視点も意識しましょう。

2.出資を受ける場合

成長性が高く、将来、上場を目指すような事業の場合、ベンチャーキャピタルや個人投資家等から出資を受けることも選択肢の一つです。
この際、ベンチャーキャピタル等は、優れたビジネスモデルを持っているか、高い収益力で将来のリターンは大きくなるか、という視点で事業内容を見ています。
計画書の作成にあたっても、事業の成長性やその根拠の確からしさを意識しましょう。

3. 補助金等を受ける場合

開業資金に補助金や助成金を活用する場合にも、事業計画書の提出が求められます。
補助金の採択には、自治体や実施機関によって、それぞれ制度の要件がありますので、それらの要件にそって計画書を作成する必要があります。
実施される補助金制度の主旨を踏まえ、なぜその事業に取り組むか、将来どのような効果が得られるか、といった視点でストーリー性をもって記載することがポイントです。

事業計画書は、同じ内容であっても、誰に伝えるのかを意識して計画を記載することで、協力を得られる可能性も高くなるといえるでしょう。

あわせて読みたい