トップページ  >  起業する  >  起業マニュアル  >  準備をしよう(実践編)  >  媒体別広告費の目安

起業マニュアル

起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?に応えます。
準備をしよう(実践編)
媒体別広告費の目安

目次

広告費の概要

 広告とは、広く世間一般に商品やサービス、企業などの情報を知らせることをさします。その形態や方法は多様で、さまざまな媒体を通して行われます。ここでは、広告費の目安を、新聞・雑誌・フリーペーパー(無料情報誌)、新聞折込広告(折込チラシ)、インターネットなどの媒体別に分けて見ていきます。

広告にかかる費用

 広告にかかる費用には、広告費と広告制作費があります。その違いを、ある店が開店情報を雑誌に出すという例で見ていきます。広告主は、広告を掲載したい雑誌を発行している出版社へ広告スペース(サイズ)に応じた「広告費」を支払います。また、広告物の作成を広告会社か、または広告制作会社に依頼します。このときに発生する費用を、「広告制作費」と言います。

<広告費と広告制作費のイメージ図>

注)出版社によっては、広告制作も請け負っており、それを含めて「広告費」としている場合もあります。

広告媒体の選択基準

 広告を出す際には、自社の商品を十分PRできる方法を考えなければなりません。期待する効果を得るためには、どのような媒体を選べばよいのでしょうか。そのポイントを以下に紹介します。

<広告効果に影響する媒体の特徴>

  • 発行部数
  • 購読者数(インターネット関連の場合は、アクセス数)
  • 知名度
  • ターゲット
  • 広告費
  • 掲載場所(目立つ場所や、雑誌などであれば関連記事の周辺など)

 次章では、実際にどのくらいの費用がかかるかを媒体別に紹介していきます。

※なお、ここで紹介する広告費は、参考値になります。媒体の性質、地域差など、さまざまな要因で費用が大きく異なることがあります。ご利用の際は、各出版元や運営元の企業に詳細をご確認ください。

新聞・雑誌・フリーペーパーの広告費

新聞

 新聞は、広い読者に向けて、社会の出来事などを伝える定期刊行物です。発行部数や、全国版か地方版の違い、朝刊か夕刊の違い、さらには記事の何面(雑誌などでいうページ数にあたる)に掲載するかによって費用が大きく異なります。ここでは、新聞の全国版を例にして、広告費の目安を紹介します。

■株式上場や自社株売出しに関する告知をする

■お詫びなど謝罪をする

法定公告 (単位:円)
料金
1cm × 1段 100,000~150,000程度

■自社の商品のPRをする
営業広告朝刊料金
1段当たりの目安は以下のようになります。

(単位:円)
出稿段数 1段あたりの料金
1段以上 2,000,000~3,000,000程度

※横幅については、各新聞により基準が異なりますので、詳細は発行元にお問合せください。

■自社で出している書籍や雑誌を宣伝する

雑報広告掲載料金 (単位:円)
朝刊 夕刊
記事中
7.0cm  × 1段
1面 800,000程度 550,000程度
他面 650,000程度 450,000程度
突き出し(※)
5.25cm × 2段
1面 1,100,000程度 750,000程度
他面 900,000程度 600,000程度

※「突き出し」とは、下段にある広告の上の、記事に向かって突き出ている、主に端にある広告をさします。

雑誌

 雑誌とは、複数の書き手がさまざまな事柄を書き、定期的に刊行される媒体で、週刊誌、月刊誌、季刊誌などがあります。また、OL向け、サラリーマン向けなど対象とする読者の性別や年齢、さらに特定の趣味に絞った内容のものなど多種多様なものがあります。その雑誌の発行部数が多いほど広告費も高くなります。さらにそのなかで、掲載する場所(ページ)や、大きさ(スペース)、さらには4色(カラー)、1色(モノクロまたは1色刷り)の違いで料金が決まっています。
 次に、広告費をサンプルをもとに紹介します。

■サンプルの概要
発行部数:10万部
発 行 :週刊
販売場所:書店・コンビニ・駅売店など
価 格 :400~600円
内 容 :ビジネス情報誌
対 象 :中心読者層は30~50歳代のサラリーマン
大きさ :A4サイズ

広告料金 (単位:円)
種別 印刷 スペース 1回あたりの料金
表紙4 4色 1ページ 1,200,000~2,500,000
表紙2 4色 1ページ 900,000~2,000,000
表紙3 4色 1ページ 900,000~2,000,000
記事中 4色 1ページ 900,000~1,300,000
1/3ページ 300,000~500,000
1色 1ページ 600,000~1,000,000
1/3ページ 250,000~400,000
1/8ページ 90,000~130,000
※用語解説: 表紙4とは、雑誌の裏表紙をさします。
表紙2とは、表紙を1枚めくったページ、つまり表紙の真裏をさします。
表紙3とは、雑誌の裏表紙の真裏をさします。

フリーペーパー

 フリーペーパーとは、広告収入をもとに、限定した地域の家庭などに無料で配布する媒体や、駅などに置いて自由に持ち帰ることができる媒体をいいます。おもな形態は、新聞や雑誌で、なかでも雑誌は「フリーマガジン」と呼ばれることもあります。地域を限定して制作することができるという特性があり、ターゲットへの広告効果が高いと近年注目を集めています。
 次に、広告費をサンプルをもとに紹介します。

■サンプルの概要
発行部数:50万部
発行日 :月刊
発行場所:駅や書店などのラック
内 容 :東京の商業エリアのショッピング・グルメ・美容などの最新生活情報
対 象 :中心読者層は20~40歳代のOLや主婦
大きさ :A4サイズ

広告料金 (単位:円)
スペース 1回あたりの掲載料金
1ページ 500,000~800,000
1/2ページ 300,000~400,000
1/4ページ 100,000~200,000
1/8ページ 50,000~100,000
1/16ページ 30,000~50,000

新聞折込広告(折込チラシ)費

 新聞折込広告(折込チラシ)は、日本に古くからある宣伝・広告媒体のひとつで、新聞の間に折り込むビラのような広告をさします。この広告は新聞に挟まれているため、新聞をとっている家庭に直接届けることができるという特性があります。
 折込広告を配布する際には、新聞社ではなく折込広告専門の業者に依頼することになります。次に、広告費をサンプルをもとに紹介します。

■サンプルの概要
配布エリア:東京23区

折込広告料金/普通紙1,000枚あたり (単位:円)
広告のサイズ 1回あたりの料金
B5(A5)(18.2×25.7センチメートル) 2,700~3,200
B4(A4)(25.7×36.4センチメートル) 3,300~3,700
B3(A2)(36.4×51.5センチメートル) 4,000~4,500
B2(A2)(51.5×72.8センチメートル) 7,500~8,000

インターネット広告費

 本章では、インターネット広告(ネット広告ともよばれる)について紹介します。
 インターネット広告には、主に次の2つの種類があります。

  • ホームページ上で掲載される広告
  • メールで配信される広告

 さらに詳しく見てみると、次のように分類されます。

プル型  :バナー広告
(ホームページの上部に画像や文字が目立つように掲載されている広告)

プッシュ型:メール広告
(メールマガジンなどの文頭や文末に掲載されている広告)
オプトインメール
(利用者があらかじめ選んだ情報に関する内容の
メールに掲載されている広告)

 これらの種類のほかに、インターネット広告の費用は、

  • サイトアクセス数
  • サイトの知名度
  • 掲載頻度
  • 掲載スペースの種類や大きさ

などによって非常に細かく料金設定がされています。ここでは、主なポータルサイト(インターネットの玄関口と言われる、さまざまな情報が網羅されたWebサイトのこと)のURLを紹介します。各ホームページ上の、「広告掲載」のページに広告費についての案内があります。

■Yahoo! JAPAN
運営:ヤフー株式会社
URL:http://www.yahoo.co.jp/

■Google
運営:グーグル株式会社
URL:http://www.google.co.jp/

■goo
運営:エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社
URL:http://www.goo.ne.jp/

■Excite
運営:エキサイト株式会社
URL:http://www.excite.co.jp/

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。