トップページ  >  起業する  >  起業マニュアル  >  準備をしよう(実践編)  >  商品や原材料を仕入れる(仕入先を開拓する際の留意点)

起業マニュアル

起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?に応えます。
準備をしよう(実践編)
商品や原材料を仕入れる(仕入先を開拓する際の留意点)

自社の売上拡大のために、新たな商材の仕入先を探しているという小売業や卸売業は少なくありません。しかし、どういった仕入先がよいのか、取引を始めるにあたってはどのような点に留意したらよいのか、わからないという声を耳にします。 新たな仕入先との取引を検討する際には、その取引先が「優良仕入先であるかどうか」が重要です。新規取引にあたってはコストやリスクも発生します。 したがって、それらを踏まえても取引するメリットがある仕入先を選ばなければなりません。

目次

商品力

 優良仕入先の条件としては、商品力、販売・納品状況、経営姿勢から、それぞれ以下のような条件があげられます。

(1)商品機能の確実性 ひらたくいえば商品の質のことです。仕入条件がどんなによくても、仕入れる商品自体がよくなければ、それを扱う自社の信用が低下し、客離れにつながってしまいます。
(2)商品の感覚的側面の優秀性 商品のスタイルやデザインからパッケージのデザインまで、最終消費者から見て魅力的な商品であるかどうかが重要です。新規に取り扱う商品は、自社の対象とする顧客のニーズにあった商品でなければなりません。
(3)価格のバランス 単に安ければよいというものではなく、品質や機能、デザイン性といった商品の提供する効用と価格のバランスがとれていることが重要です。
(4)ブランドの知名度・信頼性 ブランドそのものはとらえどころのない無形価値ですが、それが高く評価され信頼される商品は、高度の市場性をもっています。ブランドの知名度・信頼度の高い商品を多くもつ企業ほど優秀な仕入先と言えるでしょう。
(5)取扱商品の豊富さ 取扱商品が豊富であれば、仕入れる側の選択の幅が広がり、仕入先として魅力があると言えます。
(6)新商品開発の積極性 消費者の好みの移り変わりが激しい中で、つねに売れる商品を開発して提供してくれる仕入先は優秀な仕入先と言えます。
(7)安定した供給能力 いくらよい商品であっても、安定した供給ができなければよい仕入先とは言えません。つねに安定した供給体制が整っていることも優良仕入先としての条件になります。

販売・納品状況

(1)取引条件の公正性・客観性 仕切価格や割引条件、支払い条件、返品条件などもろもろの取引条件において、双方にとって公正かつ客観的であることが大切です。買い手にとってよい条件であることが重視されがちですが、取引を開始するために無理な条件を設定すれば、後でそのひずみが出てくることが懸念されます。
(2)情報提供能力 商品自体が優れているだけでなく、その商品や関連事項および市場動向など、自社の情報収集力では収集しきれない分野についての情報を豊富にもち、それらを提供してくれる仕入先は優秀といえます。
(3)納品の確実性・迅速性 注文した商品が正確に素早く納品されなければ、自社が販売機会を失うだけでなく、自社に対する顧客の信頼も失いかねません。したがって、納品が確実かつ迅速に行なえる商品供給体制をもっていることが条件になります。
(4)担当者のコミュニケーション能力と人間的魅力 取引は企業間で行なうことであっても、実際の仕事は人間同士のコミュニケーションで成り立っています。先方の担当者が上記の項目についてつねに改善を志向し、協力的であれば、よい取引関係が築けるでしょう。

経営姿勢

(1)経営の安定性・成長性 安定した取引を続けるためには、経営が安定していることが重要です。そのためには、取引先の経営状況を把握しておく必要があります。上場企業であれば有価証券報告書などでチェックします。それ以外の場合は専門機関の信用調査を利用するとよいでしょう。
(2)社会的な信用の高さ この点については、数値的な情報はないため、業界他社の評価などが判断基準となります。すでに取引を行なっている企業や同業他社などの評判を聞いてみるのがよいでしょう。
(3)経営者の経営理念 この点についても定量的な判断基準はありませんが、経営者との面談を行い、先方の経営理念、経営方針などについて確認してみます。それらが自社の方針とかけ離れている場合、長期的な取引のなかでは衝突する面が出てくる可能性もあります。

商品や原材料を仕入れる(仕入先を開拓する際の留意点)

最終内容確認 2013年10月

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。