起業マニュアル

事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

店舗・事務所を借りる

これから起業してオフィスを借りる場合、固定費として毎月の家賃はかなり負担ですので、できる限り固定費用は抑えたいところです。

 また、友人知人に間借りしたり、オフィスをシェアすることも検討してみてください。

 机や本棚などの備品は、中古品の購入や知人からもらう、または借りることも大切です。 自治体や行政および民間が運営している、将来の独立志望者や創業間もないベンチャー企業などを支援する目的で、一般のオフィスに比べて割安なインキュベーションオフィスを活用することもお勧めします。

 オフィスを借りる際には、開業の予定地を自分の目と足でチェックしてみましょう。 候補物件は、契約条件や使用条件などを、必ずチェックしましょう。

 ネット環境、ビル内や周辺の環境、防犯のレベルや設備面、管理会社のサービス内容などは、契約締結の前に必ず確認しておきましょう。

目次

開業費用はできるだけ抑える

 オフィスを探す場合、一等立地で、新築で・・・などと見栄を張りたくなるものですが、起業直後は机と電話さえあればよいと割り切りましょう。家賃というのは固定費ですから、売上があってもなくても、必ず支払わなければなりません。これは毎月毎月大変なことです。 そこでまず、自分一人でオフィスを借りようとせず、先輩起業家に間借りをさせてもらう、友人知人などとオフィスをシェアすることなどを検討しましょう。机や本棚などは、中古品を購入したり、知人から余っているものをタダでもらえることもよくあります。 オフィスの印象が業績に直結するような事業の場合は話は別ですが、その分を仕入れや営業経費など、直接収益を生むものに活用するほうが得策です。

利用価値が大きいインキュベーション施設

 費用を抑える方法からご紹介していきます。起業直前後の人や小規模ビジネスを入居対象にしたインキュベーションオフィスという施設もあります。自治体や行政などが運営するものもあれば、民間企業が運営するものもあります。どちらもおおむね保証金や敷金などが一般のオフィスに比べて割安なのが特徴です。なかには家賃も格安の物件もあります。1社に割り当てられるスペースはあまり広くなく、1人分のデスクが置ける程度から、大きくても10人ほどでいっぱいという規模が標準的です。しかし起業したてであればそれで十分ですし、応接スペースや会議スペースなどは、入居者の共有スペースとして設けられていることが多いので、オフィスの狭さはさほど気になりません。 また、研究開発型ベンチャーのために実験スペースや実験装置を用意している施設も各地にありますから、調べてみる価値は大いにあります。

不動産会社に行く前に

 さて、オフィスを借りる際には、不動産会社を訪ねる前に開業予定地へ出向き、自分の目と足でオフィスビルをチェックしてみましょう。気に入った物件があれば、オーナーを調べ、直接交渉することも可能です。これで、仲介手数料は節約できます。 また、礼金や更新料不要をウリにしているビルもありますので、こういった物件を狙っていく方法もあります。こういった有利な条件の物件がないか、インターネットなどで検索してみましょう。それでも見つからないときに、不動産会社に相談してみても遅くはありません。

家賃以外にも環境や条件、設備なども重要項目

 候補物件が見つかったら、次は契約条件や使用条件などをチェックしましょう。まず、契約面積に注意してください。仮に20坪の物件があるとすると、その20坪は事務所スペースのみなのか、事務所以外の外にあるトイレや給湯室も含むのかを確認しましょう。また、そのビルは24時間出入り自由か、それともある時間になると鍵が閉まってしまうのか、また使用を制限される曜日はあるのかも確認しましょう。電気の容量も大切です。小規模オフィスでもパソコンやサーバーなど使いますから、50アンペア以上は欲しいところです。最近ではインターネットも必須ですから、ネット環境も必ず調べておきましょう。さらにビル内や周辺の環境、防犯のレベルや設備面、管理会社のサービス内容など確認しておきましょう。高額物件をつかまないだけでなく、異常に安い物件は瑕疵物件(何らかの問題がある物件)の可能性もあります。いずれにしても、予定地を絞ったら必ず複数の物件候補を抽出し、ご自身で確かめたうえで判断してください。

最終内容確認 2018年2月

あわせて読みたい