起業マニュアル

事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

なぜ事業計画は必要なのか?

新しく事業を起こす際には、なぜ事業計画が必要なのでしょうか?
新規事業は大きな成果が期待される一方で、撤退や失敗の頻度も高くなります。
新しいビジネスは、市場、技術、製品、サービスなどにおいて、企業にとって未経験であり、新たな分析やノウハウの獲得が必要になります。

そこで、新規事業を成功に導く条件として、「新規事業計画」が必要になるのです。この計画には、不確実性やリスクが分析され、できる限りの課題解決がなされてなくてはなりません。

そして、この計画によりさまざまな関係者に理解や協力を得ることが可能になり、成功をさらに確実なものにしていきます。

新規事業計画とは、技術・製品・サービスに関するアイデアを、新しいビジネスに挑戦するための方法、手段、手順を確定し、事業コンセプト、事業環境の分析、マーケティング方法、事業収支計画など、新規事業を推進していくために必要なことを明瞭かつ簡潔に文書化したものです。

目次

効果と目的

 新規事業計画書は見てもらう相手によって、活用する目的が異なってきます。

たとえば、計画書を作成する経営者や起業家であれば、事業を開始してからの日々のシナリオとなります。計画書として文書化しておくことで、事業の進捗状況を確認し、必要に応じて的確な軌道修正をすることも容易になります。

相手が社員やスタッフの場合は、会社の新たな方向性を理解してもらい、社員やスタッフ一人ひとりが果たすべき役割を確認し、自分の業務計画に落とし込んでいくことが可能になります。

一方、金融機関や提携先など外部関係者に対しては、計画書を提示することにより、会社の方向性に理解を求めることができます。これにより、新たな資金援助やパートナーシップの構築が実現します。

策定の手順

 新規事業計画とは、事業のアイデアを具体的に明文化し、それを実現するための実行方法のことです。素晴らしいアイデアを持っていても、思うにまかせて実行していては、事業の成功に期待はもてません。

 新規事業計画は、アイデアから「新規事業の方向性」を見出すことからスタートします。市場調査などによる「事業環境の分析」、自社におけるヒト・モノ・カネの「経営資源の把握」を行なうなかで、「事業コンセプト」を明確にしていきます。

 そして、事業コンセプトを中核にすえ、事業を展開するのに必要な「経営課題」を抽出します。この経営課題を解決するために、「実行計画」としての全社計画、採算計画、個別計画を練り上げていきます。

新規事業計画

計画書作成上の留意点

 まず、わかりやすく具体的に書くということが重要です。難解な専門用語や外国語ばかりが羅列されているような計画書は理解できず、そんなプランに賛同してくれる人はいません。 事業計画は関係者に理解されてはじめて意義のあるものとなります。

 計画書によって熱意を伝えるだけではなく、第三者にその「妥当性」や「現実性」を認めさせなければなりません。

 たとえば、市場分析において、相手を説得するために、経営者自身の市場の読みだけではなく、客観的なデータを盛り込むことにより、その説得力は大きく高まります。

 また、「資金を提供してほしい」、「業務提携してほしい」など、その計画書の作成目的を明記することも大切です。

最終内容確認 2018年2月

あわせて読みたい