トップページ  >  起業する  >  起業マニュアル  >  準備をしよう(計画編)  >  FC加盟を考える

起業マニュアル

起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?に応えます。
準備をしよう(計画編)
FC加盟を考える

起業するといっても、経営ノウハウがなければ事業を成功に結びつけることは、簡単ではありません。事業リスクを回避または軽減しながら起業していくためには、一定の経営ノウハウを持ったFC(フランチャイズ)加盟が早道でもあります。ここではフランチャイズの仕組みや、FC加盟して起業する場合のメリットや留意点を紹介していきます。

目次

フランチャイズシステムはどうなっているか

【1】フランチャイズとは何か?
 (社)日本フランチャイズチェーン協会によると、フランチャイズを次のように定義しています。 「フランチャイズとは、事業者(「フランチャイザー」と呼ぶ)が、ほかの事業者(「フランチャイジー」と呼ぶ)との間に契約を結び、自己の商標、サービス・マーク、トレード・ネームその他の営業の象徴となる標識、および経営ノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投入してフランチャイザーの指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう。」 と、少々難しい定義を掲げています。以下に重要なポイントをあげておきます。

(1)契約に基づきフランチャイザー(本部事業者)がフランチャイジー(加盟者)に特権を与え「共同事業」をおこなうものとします。

(2)フランチャイザーとフランチャイジーは、法律的にも財務的にも独立した事業者であり、共同経営を行うものではありません。

(3)両者の上下関係はなく、フランチャイザーはフランチャイジーの儲かることを保証するものではなく、フランチャイジーはフランチャイザーから提供される経営ノウハウ等を活かして、自助努力で業績を上げていくことが必要です。

 要は、一定の経営ノウハウを提供してもらうことによって事業の立ち上げをスムーズに行うための仕組みであり、その経営ノウハウを活かして、どう業績を上げるかの経営責任はあくまで加入するフランチャイジーの側に努力にかかっているといえます。

【2】フランチャイズ・ビジネスの仕組みを図示してみましょう。

何故、FCへ加盟して独立開業を目指すのか

 たんに独立して起業するといってもノウハウがなければ、なかなか事業を軌道に乗せることはできません。短期間の間に経営を軌道に乗せ安定させるためには一定の経営ノウハウがあるほうがよいといえます。ここでは、フランチャイズ加盟のメリットをそうした観点からみてみましょう。

[メリット]
 フランチャイズ加盟には多くのメリットがあります。

(1)成功実績のある経営ノウハウの提供
 今、自分に経営ノウハウがなくても、FC本部からそれを提供してもらい、指導を受けることによって短期に開業できるメリットがあります。また、独自に開業する場合に比べて危険度は低いといえます。とはいえ、両者の関係は、あくまで契約であり、FC本部が経営の成功を保証してくれるわけではないので、能力、適性と何よりも努力が必要だといえます。

(2)FC本部のブランド、イメージの活用
 独自開業しても、知名度が上ってこないとなかなか顧客がついてきません。FC加入すれば、FCの持っているブランドにより一定の信頼を得ることができ、自らは販売活動に専念することができます。

(3)スケールメリットが得やすい
 FC本部は商材を一括購入し、フランチャイジーに提供されるので、安定した原材料・備品等の資材の提供を独自で仕入れるより安く提供してくれるためコストや設備投資を低く押さえることができます。

(4)環境変化への対応
 FC本部は、つねに経済環境や経営環境の変化に対応して、継続的にさまざまなノウハウの開発をしていますので、これらの情報を迅速に得ることができ、また、適宜に経営指導を受けることができますから、環境変化への対応がスムーズに行えます。

[デメリット]
 メリットがあれば、当然デメリットもあります。必ずデメリットも認識しておかなければなりません。

(1)加盟金、ロイヤリティーの支払
 経営のノウハウやブランドを使うわけですから、当然のことながらFC加盟金や継続的なロイヤリティーの支払が必要となります。

(2)自分の思い通りにならない
 提供が受けられる経営ノウハウは標準化したシステムであり、創意工夫の余地が少なく、自分の思い通りにならないことも多くあります。

(3)労働時間
 自らが経営者になるのですから、実働時間は必然的にサラリーマン時代にくらべて長くなる場合が多くあります。コンビニエンスストアなどでは24時間営業があたりまえであり、長時間勤務になることが多々あります。もっとも経営が軌道に乗り、自店舗独自の経営ノウハウを確立することができるようになれば、従業員に任せることも可能となりますが、それまでは家族の力を借りて自らが切り盛りするしか、仕方がないといえるかもしれません。

(4)負のブランドイメージ
 FC本部における問題や、他の加盟店におけるFCのブランドをダウンさせるような事件が発生しますと、自店への影響も避けられません。自責によらないイメージダウンを余儀なくされることもありえます。

FC加盟による成功への秘訣

【1】適性と能力
FC加盟すれば経営が軌道に乗り安定するというわけではありませんので、起業するためにはやはり適性と一定の能力が求められます。

(1)自己責任能力
FC本部の責任にしない、そのノウハウをいかに活かすかは自分次第です。

(2)向上心、チャレンジ精神
提供されるノウハウをどんどん経営の現場に活かし、新しいことにチャレンジしていかなければ、環境の変化にはついていけません。たとえば、コンビニの店頭の品揃えは、1年間に、70%から80%の種類が変化していきます。

(3)コミュニケーション能力
すべての業務を自分1人でこなせるわけではありません。無理はせずに社員やアルバイトなどを採用し、任せられることは任せていきましょう。経営者は、本来の仕事であるところのFC本部や顧客とのコミュニケーションを十分とっていく必要があります。また、FC本部の指導を素直に受けとめる前向きな気持ちも大切です。

(4)分析能力
変化を読む力や、計数に表れた結果を分析し、つねに前を見据え、何があっても即座に手を打てるような分析能力と、さらに計画能力も養っておく必要があります。

 そのほかにも、いくつかの適性や能力が必要ですが、これらの適性や能力はFC加盟による起業家特有のものではなく、起業家全員に共通しているものです。また、このほかに家族や信頼できる友人の協力が得られることも、とても重要な要素かもしれません。

【2】資質と条件
FC加盟による事業成功の条件としては、
(1)FC加盟という事業モデルを選んだわけですから、そのFCに加盟した目的が明確でなければなりません。逆の言い方をしますと、FCのノウハウからはずれたことをするのであれば、根本的にFC加盟による起業そのものが間違いだったということになります。

(2)できるだけ素直にFCの指導に従いましょう。中途半端に過去の自分の経験や思い込み、妙なプライドにこだわり、それらを事業のなかに持ち込むことにより、戦略自体も中途半端になり、成功が遠のくことにもなりかねません。

(3)FC加盟による事業展開の将来的なビジョンを持ち、なおかつ、従業員や家族に対しても、それを明確に示すことができるようにしておきましょう。従業員や家族(場合によっては共同経営者)の協力なくしては成功もしませんし、夢の実現もありません。

 これらの条件もFC事業特有の条件だとは言えませんが、もともとFCに加盟して事業をはじめるという選択をした理由が、自分に経営ノウハウがない、早期に事業を立ち上げるということであったわけです。そしてそれを補うことが狙いでFCに加盟したわけですから、素直にFC本部の指導に従うことも必要なこといえます。

FCはどんな事業分野があり、どの事業分野を選択すべきか

 現在では、あらゆる業種においてFC事業が展開されています。外食産業、教育産業、人材派遣、コンビニに代表される流通業、IT産業にまで展開されはじめています。そのなかで、自分にあったFC事業を、どのような基準で選択すればいいのでしょうか、その条件を探ってみましょう。

(1)自分の得意分野
経営のノウハウはなくても、自分が持ち得ている技術やノウハウが得意としている分野や、関心の高い分野の事業を選択することにより、経営に情熱を持つことができるはずです。この段階でも「でも派」はよくありません。「ハンバーガーショップでもやろうか」でなく、「ハンバーガーショップをやりたい」、この気持ちがなければ成功はありえません。

(2)投入できる経営資源
いくら起業がしやすい環境になってきたとはいえ、徒手空拳では事業はできません。したがって、起業を目指したならば、自分が持っている経営資源を棚卸しをして、可能な事業分野を選択することが必要です。まず、起業するみずからの能力、投入できる資金、家族を含めた人材、人的ネットワーク、時間などあらゆるものを総動員して、可能な事業分野を検討することが肝要です。

(3)将来ビジョン
起業時の自分自身の年齢とも関係するかもしれませんが、事業成功のイメージを明確に持つこと、どのような会社にしたいか、その会社の社会的意義は何なのか、などのビジョンを持ち、事業分野を選択することが望ましいといえます。もちろん「生活のため」というのが第一の目的でもあっても結構ですが、その事業のなかで自己実現ができるかどうか、また社会貢献ができるか、なども大きな判断基準となります。

FC加盟までのステップ

 では、具体的にFCに加盟するためにはどのような手続きが必要で、手順はどのように行うのかを、簡単にみてみましょう。FCによって内容が異なる点もあります。また、実際の加盟の際には、もっと細かい部分まで取り決めが必要になると思いますが、少なくと基本的な手続、手順だけは把握しておいてください。

【1】事業分野の選択
※前ページ「FCはどんな事業分野があり、どの事業分野を選択すべきか」をご参照ください。

【2】FC本部の選択
 加盟にあたってどのよう基準で本部を選べばよいでしょうか。加盟するまでには、フランチャイザーの情報の収集と分析を行います。説明会への参加や、直接FC本部を訪問し、不明な点などはすべてクリアになるよう説明を求めましょう。受けられるノウハウ、平均的な経営状況についても十分な情報を得る必要があります。また、既存店などにも足しげく視察に行き、タイミングがよければ、その店舗の経営者の話を聞くこともたいへん参考になるはずです。

 FC本部の経営状況についても、公表されているデータから可能な限りの情報を入手し、加入店舗数、経営の安定性や成長性についてなどを分析することも非常に重要です。

 情報収集の手段は、FC本部から入手する資料のほかに、インターネットからでもかなりの情報が得られます。得られた情報をいくつかの観点から比較し、慎重にフランチャイザーを選択することが、将来の成功に繋がる第一歩となります。

【3】加盟契約
 どのフランチャイザーにするかを決定すると、次は具体的な契約の締結へと進みます。契約を締結する前に、次のことに関しては必ず確認をしておいてください。

(1)付与されるフランチャイズの範囲
 商標、ノウハウ、商材の提供、定期的な指導、資金面での支援等など、提供されるものすべての確認をします。事前に把握していた内容と異なる場合は、FC本部の担当者から納得のいく説明を受けてください。

(2)FC本部に支払う加盟料など
 加盟金、売上に比例したロイヤリティー、営業保証金など、加盟金の見返りとして、得られる営業のテリトリーなどについても確認しておく必要があります。さらに、必ず確認が必要となるのが解約時の返還条件についてです。はじめる前に解約時のことは、見落としがちですが、いい加減にしておくと後で後悔することになりかねません。FCの加盟に関しては、解約時のトラブルが一番多いといわれています。

(3)受けられる店舗運営に関するノウハウなど
 立ち上げ当初の研修や教育制度、ノウハウが凝集している各種の運営マニュアル、加盟後の指導とその頻度や指導の具体的な内容なども細かくチェックしてください。この内容がいい加減である場合は、のちのちトラブルになる可能性がありますので、最初に立ち戻って、FC加盟そのものを考え直す必要も出てきます。

【4】店舗施工(内装、外装、設備)
 ほとんどの施工がFC本部から指示、指導を受けて実施することになりますが、独自で購入する必要のあるものもありますので、見積もりから納入検査までの作業はきっちり行ってください。後でトラブルになることもありますので充分に気を付けてください。

【5】オーナー研修の受講
 研修の際に、経営ノウハウなどの必要知識を充分吸収しておく必要があります。可能であれば、そのノウハウを家族従事者やほかの従業員へも徹底するくらいの気構えで受講することが大切です。

【6】従業員の採用・教育
 従業員はいったん採用すると、簡単に解雇はできません。性格や能力などをよく見きわめて採用を決定しましょう。また採用後は、徹底して商品知識や接客マナーを充分に身につけさせるための教育をしっかりしてください。

【7】開業に向けての準備
 最終段階においては、商品の搬入、陳列、挨拶周り、レジ周辺業務のチェック、チラシの作成、配布など、入念に準備をしなければなりません。

最終内容確認 2013年10月

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。