トップページ  >  起業する  >  起業マニュアル  >  起業前に読もう  >  世帯変化に応じた業種別商品開発のポイント

起業マニュアル

起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?に応えます。
起業前に読もう
世帯変化に応じた業種別商品開発のポイント

目次

日本の世帯(構造)変化

 以前は、「夫婦と子世帯」が日本の世帯の標準的なかたちでしたが、近年、この世帯構造が大きく変化してきています。国立社会保障・人口問題研究所『日本の世帯数の将来推計 2008年3月推計』(2011年2月時点最新)によれば、2006年に「単身世帯」数が「夫婦と子世帯」数を上回ったあと、「単身世帯」は増加、「夫婦と子世帯」は減少を続けており、この傾向は今後も長期にわたって続いていくことが推計されています(図1)

 同資料によれば、2005年に1,465万世帯であった「夫婦と子世帯」は2025年には1,152万世帯にまで減少し20年間で21%減少することになります。一方、2005年に1,446万世帯であった「単身世帯」は2025年には1,792万世帯にまで増加し、20年間で24%増加することになります。

 また、「一人親と子世帯」も増加し続け、この結果、世帯あたり平均人員数は一貫して減少し続けることになります(図2)。2005年に平均2.56人であった平均世帯人員は2025年には10%減少し2.31人となる見込みです。

世帯の家族類型別一般世帯数

平均世帯人数

 世帯構造には、上記のような量的な面での変化のほか、女性の社会進出や経済的理由などにより夫婦共働き世帯が増加するという質的な変化も予想されます。
  以下では、次の5業種について、世帯(構造)の変化に応じた商品開発のポイントを、現状と問題点を踏まえ、具体的に紹介していきます。

 (1)飲食業
 (2)小売業
 (3)食品製造業
 (4)建設業
 (5)製造業

業種別商品開発のポイント

飲食業

小売業(例:スーパーマーケット)

小売業(例:家電量販店)

食品製造業

※出来合い度とは、料理の仕上がり度合いを意味します。たとえば、食材のままだと0%、食卓にのぼる状態のものが100%となります。

建設業

製造業

最終内容確認 2011年3月

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。