起業マニュアル

事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

ビジネスアイデア発想術

 ビジネスアイデアの発想手法やツールは、様々なものが開発されています。「デザイン思考法」や「オズボーンのチェックリスト」「スキャンパー」「マンダラート」などは聞いたことがあるかもしれません。ここでは特別な知識や道具を必要せず、いつでもどこでも簡単にアイデアを発想できる手法「4つの視点」について解説します。

目次

「4つの視点」とは何か

 4つの視点とは、「鳥の目」「虫の目」「サカナの目」「コウモリの目」の4つです。みなさんが思いついたビジネスアイデア、新商品やサービスについて、この4つの視点で考えてみることで、付加価値を高めたり、これまで考えていなかった新たな視点を得ることができます。

鳥の目

 「鳥の目」とは、鳥のように空から地上を見るような視点、つまり境界を越えた視点で考えてみるということです。アイデアに含まれる「特徴」「他と異なる点」に注目し、その本質的な部分が「他の地域」や「他の分野」で活用できる事例はないかと考えてみることです。一見関係がないと思われるような分野であっても、大きく視野を広げることでヒントになることが見つかるかもしれません。

鳥の目の具体例

 赤ちゃん向けの食器を例に考えます。その特徴は、握りやすく落としにくいつくりになっているということです。この特徴によく注目すると、力がなくても、器用に指を使わなくても握ることができるということが本質であるとわかります。鳥の目で見て、そのような状態にある他の人(例えば怪我をした人、高齢者や障害者)でも使いやすいのではないか、というヒントが得られます。

虫の目

 「虫の目」とは、まずとても身近な例、例えば家族のように身近な個人や住んでいる地域、顔が思い浮かぶくらい親しい人々のニーズを探ってみるということです。この人なら絶対に買ってくれるというものがあったとして、少しずつ対象を拡大していくときに何が必要かを考えて商品設計に活かすやり方です。虫のように至近距離から、様々な角度でものごとをながめてみる視点です。

虫の目の具体例

 まず、自分なら絶対に欲しいと思う商品(例:ビジネスシューズ)とその商品の特徴(例:高価でもかまわない、こだわりの本革製品、蒸れない、臭わない、暖かい、通気性が良い等)を列挙します。次に自分の属性(例:年齢/性別/仕事内容/年収/居住地等)を列挙し、似たような属性の方が買うにはどのようなものであれば良いかという視点でその商品に改良を加えます(値段はあまり高くないほうが良い、合成皮革でも良い等)。この要領で対象を徐々に拡大し、同時に修正を加えていけば、多くの人に支持される商品になる可能性が高まります。

サカナの目

 「サカナの目」とは、一箇所にとどまって川の流れを見続ける魚のように、時代の流れをさかのぼったり、将来動向を予測してビジネスを考えるやり方です。分野にもよりますが、5年から10年くらいのスパンで考えると良いでしょう。法律や制度の変更に対応したり、人々のニーズや関心の変化を予測したり、長期的かつ大きな視点で考えることからヒントが得られます。

サカナの目の具体例

 食や住に対する安心安全をもとめる意識が今後ますます高まっていくであろう→センサー技術を応用すれば食品の生産・流通・販売経路を簡単に「見える化」できる→消費者がスマホでQRコードを読み込むとこれらのデータを分かりやすく見ることができるサービスを開発しよう→付加価値を感じてくれて多少価格が高くても生鮮食品等が売れるようになる、差別化要因・優位性を獲得できる、という事例です。

コウモリの目

 「コウモリの目」とは、逆転の発想や異なる分野との融合を考えてみることです。AはBであるという固定観念や先入観、伝統的な作法や商慣習などを批判的に再検討したり、一見無関係や無縁のことがら同士を結びつけることで意外な価値が生まれたり、潜在ニーズを満たすサービスが生まれることがあります。

コウモリの目の具体例

 例えば一粒1000円の超高級イチゴや立ち食いフレンチレストランなど、イチゴは1パック300円くらいとか、フレンチは座ってゆっくりきちんと食べるものという固定観念を覆しています。お肉は新鮮なほうが良いという価値観も、熟成肉の登場で変わりつつあります。また、医療と事務機器の融合による長時間座っていてもまったく疲れない椅子などが商品化しています。アップルストアの接客手法はフォーシーズンズホテルに学んだというエピソードもこの事例です。<

4つの視点の活用法

 これらの視点は一つずつ個別に検討するだけでなく、組み合わせて活用することで、アイデアの発想や発散をより幅広く行うことができます。また、一人で考えるより仲間同士で検討することでより多くの新たな切り口を見出すことができます。特別なスキルや道具は不要な手法ですので、ぜひお試しください。

あわせて読みたい