J-Net21とはメルマガ登録RSS一覧サイトマップブログパーツ
J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト
あなたのビジネスを、公的機関がバックアップ!
検索エリア
中小機構 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

  • 起業する
  • 事業を広げる
  • 経営をよくする
  • 支援情報・機関を知る
  • 資金を調達する
  • 製品・技術を開発する
  • ニュースを見る

HOME > 起業する > 会社法のポイント

会社法のポイント

平成18年5月1日から会社法が施行されました。

会社法の概要、変更点については、いろんな解説がでていますが、問題がでてくるのは、実際に、会社を設立したり、組織を変更したり、あるいは事業承継を行うとき。

J-Net21では実際の現場でおきている課題をもとにQ&Aを作成し、ビジネスQ&Aでご紹介しています。この「会社法のポイント」では、それらを抜粋して掲載しました。

現場で役に立つQ&A集。ぜひ、ご活用ください。

従来、会社に関する規定は、「商法第2編」、「有限会社法」、「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」(いわゆる「商法特例法」)、「商法施行法」など、様々な法律に分散していました。今回の「会社法」は、これらの法律を一本化したものといえます。
 また、会社法の実際の運用方法については、「法務省令」で定められており、今回、法務省令として公布されたのは、「会社法施行規則」、「会社計算規則」、「電子公告規則」です。

【電子政府利用支援センター:法令データ提供システム】
会社法
会社法施行規則
会社計算規則
電子公告規則

会社設立

会社の機関

役員と株主

株式

事業継承

M&A

財務会計

企業再生・廃業

その他

【ベテラン中小企業診断士の目】
はじめに会社ありき?
会社はつくりやすくなったか?
会社法、よくある誤解


このページの先頭へ

  • ホーム
  • リンク集
  • サイト利用条件
  • ご意見・お問い合わせ
  • このサイトは独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています

Copyright(c) Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation, Japan All rights reserved.