トップページ  >  起業する  >  経営ハンドブック  >  中小企業のインターネット活用ポイント

中小企業経営
中小企業のインターネット活用ポイント
現在、インターネットは事業を行なっていくうえで欠くことのできないツールになっている。
事業を展開するにあたり、「自社でもインターネットを利用しなければ」「ホームページを開設しなければ」と焦りがちだが、「どのような目的でインターネットを導入するのか」「誰に向けてどのような情報を発信するためにホームページを開設するのか」といった点をあらかじめ明確にしておかなければ、十分な成果は得られない。自社ではどのように活用したいのかを事前に十分検討したうえで導入するようにしよう。

目次

1.ホームページの情報源としての活用ポイント

取引先を開拓したい
・キーワード検索により取引先となりそうな業者のホームページを探す
・展示会・見本市の開催情報を調べる
・業界団体のホームページで会員となっている企業を調べる
・自治体や商工会議所のホームページで紹介されている地元企業を調べる

業界の動向などを知りたい
・監督官庁や業界団体のホームページを調べる
・業界紙(誌)などのホームページを調べる

加盟店を募集しているチェーンや、代理店を募集している企業を探したい
・日本フランチャイズチェーン協会(http://jfa.jfa-fc.or.jp/)のホームページを調べる
・日本ボランタリーチェーン協会(http://www.vca.or.jp/)のホームページを調べる

2.電子メールの活用ポイント

メールマガジンを情報源として活用する
大半のメールマガジンは無料で購読できる。以下のホームページなどで興味のあるテーマのメールマガジンを探してみよう。
・まぐまぐ(http://www.mag2.com/
・メルマ!(http://www.melma.com/

発注を行なう
取引先がインターネットを使った受発注を行なっていれば、活用を検討する。以下のような効果が期待できる。
・発注作業の効率化
・在庫照会や納品期日の確認、決済の効率化
・仕入価格の引き下げや納品リードタイムの短縮

3.自社のホームページを開設する際のポイント

広告宣伝
ホームページによる広告は、他の媒体に比べて安価であり、製品の特長やサービス内容などを詳しく掲載することができ、内容の更新も容易であるというメリットがある。また、電子メールで製品やサービスに関する質問やカタログの請求を受け付ければ、迅速に対応することができる。

採用活動
資料請求や会社説明会の参加申込を電子メールで受け付ける、個別の問い合わせや質問に電子メールで回答する。
また、自社のホームページを利用するだけでなく、求人情報専門のホームページに自社の情報を登録することも有効。

販売・受注活動
インターネットを活用した販売・受注活動は、世界中の企業を対象とすることが可能。ただし、ホームページを開設すればすぐに注文が殺到することはないし、実際の店舗でまったく売れなかった商品がインターネットでは飛ぶように売れるということもない。したがって、売上に結びつけるためには、明確なマーケティング戦略と創意工夫が必要。

4.ITを効率的に活用するポイント

安価で使い勝手のよいシステムを構築する
現在、情報システムは従来に比べて安価で容易に構築できるようになっている。導入する際には、実情に応じて各システムを丁寧に比較検討する。

アウトソーシングサービスを利用する
アウトソーシングサービスの利用は、一般的には初期投資負担が小さく総合的なコストも低く済ませることができる。例えば以下のようなサービスがある。
・サーバーの容量の一部をレンタルできる「ホスティングサービス」
・自社で用意したサーバーを回線や電源設備の整った施設に設置して管理してもらう「ハウジングサービス」
・「ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)サービス」

外部の人材を活用する
社内ITに精通した人材がおらず、ITの具体的な活用方法などがよくわからない場合には、以下のような外部の専門家の利用も検討する。
・情報システム会社
・IT専門のコンサルタント
・ITコーディネータ

最終内容確認日2014年3月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

テーマ別

  • 起業・開業
  • 新規事業
    経営計画立案
  • 経営診断
  • 販売促進
  • 中小企業経営
  • 法 律
  • 人事・労務
  • 経理・財務

業種・業態別

  • フランチャイズ
  • 小売業
  • 飲食業
  • サービス
  • 医 療
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。