経営ハンドブック

法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

中小企業経営
新規事業分野進出の留意点

経営危機の打開策として、将来性の見込める新しい事業分野へ進出する企業、もしくは新規事業進出を検討する企業が増えている。
しかし、誰でもできそうで儲かりそうな事業ほど新規参入も多く、激しい競争に陥る可能性が大きい。
従って、新規事業分野へ進出する際は、自社の企業理念や将来の自社像を実現させるために必要な事業を行なうという心構えで慎重に事業を選ぶことが望まれる。

目次

1. 事業分野の決定

一般的に新規事業の方向には、次の3つのパターンがある(表1)。

  イ……既存販売ルートを使って新規商品を販売する

  ロ……新規販売ルートを開拓して既存商品を販売する

  ハ……新規販売ルートを開拓して新規商品を販売する

表1 新規事業の方向性

商品
既存 新規
販 売 先 既 存 現状
新 規

新規に進出する事業分野の決定には、まず現在の売上高を自社の商品・サービスと顧客(ターゲット)別に分類し、現在の自社が下記のいずれの状態にあるかを把握する。

  イ.ターゲットは成長しているが商品・サービスが不足している

  ロ.既存の商品・サービスを用いることによって、新たな成長の見込めるターゲットに進出できる

  ハ.現状のターゲットに成長が見込めず、現商品・サービスでは新たなターゲットへの進出も難しい

そして、自社の現状とターゲットとの整合性から今後目指すべき新規事業分野が、表1のどの方向であるかを明確にする。

2. 新規事業分野の候補のリストアップ

1)本業との相乗効果が得られる分野への進出

新分野への進出が従来の商品(サービス)にプラスの効果を与え、相乗的な売り上げの拡大が見込まれるため、一般的にはリスクも小さくなる。

2)業際的な領域への進出

業界と業界との垣根、すなわち業界のすき間への進出をさす。たとえば、割烹、レストランと宅配業との関連事業として、ケータリングサービスを新規に手がけるケースが該当する。

3)成長業種への進出

たとえば以下のような分野が考えられる。

  • 教育産業
  • 医療、健康関連産業
  • その他サービス業

3. 新規事業の決定

新規事業分野の候補案を評価し、その結果を比較して進出事業を決定することが必要。
まず、考えられるプラス要因とマイナス要因をあげ、それぞれの要因に評価点を付け表2にまとめる。
この表2を参考に比較検討し新規事業分野を決定すれば、参入時のリスクを減らすことが可能となる。

表3 新規事業分野チェックシート

新規事業 合計 順位
                   
                   
                   
                   
評価項目 評価ポイント(点)
2点 1点 0点
プラス要因 a成長性 非常に高い ある程度高い 期待できない
b収益性 非常に高い ある程度高い 期待できない
c相乗効果 非常に高い ある程度高い 期待できない
d他社との差別化 非常に効果的 ある程度効果的 差別化できない
評価項目 評価ポイント(点)
0点 -1点 -2点
マイナス要因 e初期投資 それほど大きくない 大きいが本業には負担がない 大きく本業にも負担がかかる
f収益が確保できるまでの期間 1、2年 3、4年 5年以上
g大手企業参入の可能性 大手の進出が難しい分野である 今のところはないが可能性はある すでに大手の進出が始まっている

最終内容確認日2018年2月

あわせて読みたい