経営ハンドブック

法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

小売業
すぐに使える/小売店の商品マップ

本レポートは、小売店の経営者の方を対象として、自店の品揃え計画を立てるためのツールと使用方法を紹介している。

目次

1.商品マップの見本

<商品マップ記入見本>

2.商品マップ使用の留意点

<商品マップ使用の留意点>

「商品マップ」を用いて顧客ニーズに応じた商品が自店に置いているかどうかを確認し、商品構成や品揃えを検討しよう。その際、商品群別・男女別など、商品マップを複数作成するとより詳細に分析することも可能。

■商品マップ作成と活用

  1. 縦軸に対象とする顧客層を設定する
    上記の見本では「若者・中高年」で設定しているが、「男・女」など自店の特性に従って設定してかまわない。
  2. 横軸に商品の使用目的を設定する
    見本はで「カジュアル・フォーマル」に設定しているが、ほかに「家庭用・外出用」「短期用・長期用」などが考えられる。
  3. 商品名を記入する
    縦軸と横軸の設定に従い対象とする商品をマップの該当箇所に記入していく。この際、商品ごとに販売価格も記入しておくと品揃えを検討する時に役立つ。
  4. 品揃えを検討する
    顧客の声や競合・市場動向に合わせて商品種類の追加や削減を検討する。さらに自店の顧客層に不足していると思われる商品はないか、逆に不要な商品はないかを分析していく。

最終内容確認日2018年2月

あわせて読みたい