経営ハンドブック

法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

小売業
すぐに使える/小売店の顧客施設管理表

本レポートは、小売店の経営者の方を対象として、通行客数を調査するためのツールと使用方法を紹介するものである。

目次

1.通行客数調査表

<顧客施設管理表:事業所>
事業所名称
住所
管理者・責任者
TEL:
従業員数 人(男:女=   :   )
休憩時間 業務終了時刻
休日 給料日
その他 チラシ配布可否:


社内販売可否:


従業員の休憩場所:


従業員の中の得意客:



<顧客施設管理表:集合住宅>
事業所名称
住所
管理者・責任者
TEL:
駐車場の状況
家賃・価格帯
間取りの状況
住居人の特徴
その他

チラシ配布可否:

棟内販売の可否:

集合住宅内の得意客:

2.顧客施設管理表使用の留意点

<通行客数調査表使用の留意点>

「顧客施設管理表」を用いて自店の販売促進につなげるには、常に効果的なチラシの配布や顧客ニーズの収集、さらなるビジネスチャンスの拡大のために商圏内で対象顧客が豊富にいる施設を把握しておく必要がある。

<事業所編>

  • 工場や病院、学校なども対象範囲に設定しておく。
  • まずは、チラシの配布可否や社内販売可否などを判断する管理者(通常、総務部長レベルが多い)にアプローチする。
  • 通勤途中の集客だけでなく、注文配達や食堂でのカタログ販売、休憩時間の販売なども視野に入れる。
  • 自店の商品の中に、事業所に勤める従業員ニーズに合ったものはないか検討してみる。
  • 「その他」欄には販売促進に役立つ情報を自由に設定してかまわない。

<集合住宅編>

  • 集合住宅には、マンションやアパート、公団・公営住宅などがある。
  • マンションの管理人に加え管理組合役員なども把握しておくと、より効果的な営業活動につながることも。
  • 間取りや家賃、分譲価格などから住居人の特徴を捉え、顧客ニーズに合った商品をもってアプローチすることも検討しよう。

※ 乳幼児の多いマンションにミルクや紙おむつなどを定期的に配達しているドラッグストアが、ポイントカード作戦と合わせて多くの固定客をつかんだ例もある。

最終内容確認日2018年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

あわせて読みたい