トップページ  >  起業する  >  経営ハンドブック  >  すぐに使える/小売店の顧客アンケート見本

小売業
すぐに使える/小売店の顧客アンケート見本

本レポートは、小売店の経営者の方を対象として、顧客アンケートの簡単なひな形とアンケート実施の留意点を紹介している。

目次

1.顧客アンケート見本

 

(記入日 . . )
 
1.性  別
□男性 □女性
2.年  齢
□9歳以下 □10代 □20代 □30代 □40代
□50代 □60代 □70代以上
3.お住まい
(    ) (    ) 丁目
4.お 仕 事
□学生 □主婦  □お勤め □自営業 □その他
5.来店理由
□近い □接客態度が良い □広告・宣伝
□商品の品質が良い □価格が安い □品揃えが豊富
□営業時間が長い □アフターサービス
□その他(:                      )
*いくつ選んでいただいてもけっこうです
6.当店の店舗のイメージ
□よく目立つ □清潔 □入りやすい
□広い □選びやすい □買いやすい
□その他
□その他(:                      )
*いくつ選んでいただいてもけっこうです
7.ご来店頻度
□ほぼ毎日 □週に3~4回 □週に1~2回
□月に3~4回  □月に1回 □買いやすい
□その他 □その他
□その他(:                      )
8.当店以外によく使われるお店
(理由:                )
□  (理由:                )
(理由:                )
9.従業員の接客
□非常に良い □良い □普通 □やや悪い □非常に悪い
良い理由 (                             )
悪い理由 (                             )
10.当店へのご要望
□営業時間
□品揃え
□価格
□その他
※お差し支えなければ Eメールアドレスをお教えください。
セール情報、クーポンの発行等特典のお知らせをいたします。
(E-mail ) (                             )
ご協力ありがとうございました。あなたの抽選番号は(        )です

2.アンケート実施の留意点

 

<アンケート項目の解説と実施の留意点>

記入日が抜けている場合はアンケート受付担当者が記入。
該当項目にチェックしてもらうなど、アンケートはできるだけ選択制に。
年齢を書いてもらえない場合は、アンケート受付担当者が外見から判断して記入。
お住まいについては、チラシなどの配布範囲決定の参考とするため。番地以下は不要。
来店理由についてほかにも考えられる場合はできるだけたくさんあげておく。
店舗のイメージについてほかにも考えられる場合はできるだけたくさんあげておく。
来店頻度は店の特性にあった頻度の選択肢を設定。
よく使うお店については、ライバル店の名前を前もって記入しておく方法も。
当店へのご要望については、具体的な項目を設定して書いてもらうこと。
抽選を行なうことで回収率が高まる。アンケートに回答してもらった方に抽選券を切り離して渡すこともできる。来店をうながせるよう抽選結果は店頭で表示すること。
氏名など個人を特定できる情報の記載を求める場合は、個人情報保護法に関わるので"記載いただいた情報は○○の目的以外には一切利用いたしません"などの記載が必要。

<その他の質問項目>

本日はどなたとご一緒ですか
当店での平均的な購入価格はおいくらですか
本日はどのような交通手段でおいでですか

最終内容確認日2013年10月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

テーマ別

  • 起業・開業
  • 新規事業
    経営計画立案
  • 経営診断
  • 販売促進
  • 中小企業経営
  • 法 律
  • 人事・労務
  • 経理・財務

業種・業態別

  • フランチャイズ
  • 小売業
  • 飲食業
  • サービス
  • 医 療
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。