経営ハンドブック

法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

飲食業
飲食業が開業前にやっておきたい集客販促
飲食業が開業前にやっておきたい集客販促

 飲食店が開店すると、その周辺の人たちはとても気になるものです。注目されているこのタイミングにうまく集客販促をすれば、効率よくお店のことを知ってもらえることになります。ここでは飲食店の開業時の集客販促の基本と代表的な方法を紹介しています。

目次

集客販促って何から始めれば良い?

 集客販促を始める際に、一番初めに行うことは、顧客ターゲットの設定です。どんなお客さんをお店に呼びたいのかを明確にすることで、自然と集客販促の方法が決まっていきます。「地理的」、「人的」、「心理的など」の3面でターゲット顧客を具体化していくと明確にしやすいです。

1.地理的な面で設定をする

「近隣の人向け」、「国内の人向け」、「海外の人向け」等のように、見込み顧客の住まいや勤務地のエリア(場所)で設定します。飲食店は、場所の影響が強く「近隣の人向け」が多い傾向がありますが、観光地であれば「国内の人向け」「海外の人向け」のように広い範囲に設定することが多いです。

2.人的な面で設定をする

「主婦向け」、「高齢者向け」、「サラリーマン向け」、「学生向け」のように、見込み顧客の"性別"や"年齢"、"職業"等の特性で設定をすることです。特性が変われば人の好みも変わるため、提供する料理も広告の内容も変わるため人的な面で設定します。

3.心理的な面で設定をする

「高級志向」、「グルメ志向」、「読書好き」、「ラーメンマニア」のように、人の内面の特性で設定をすることです。主婦であっても「高価格志向」の方もいれば「低価格志向」の方もいます。この違いは大きく、前者と後者では好みが大きく変わるため、心理的な面も設定します。

4.設定をするコツ

 1つ目のコツは3つの面を組み合わせることです。「近所で働く低価格志向のサラリーマン」、「近所に住まいの高価格志向の主婦(マダム)」、「ラーメンマニアの海外旅行者」のように組み合わせると、顧客ターゲットのイメージが見えてきます。
 2つ目は、まずは大まかに決めることです。地理的であれば「お店から半径○km」、人的であれば「20代の会社員の女性」のようにより具体的にすることが望ましいですが、最初から具体的にするのは難しいです。まずは大まかに決めて、事業を進めるなかで具体的にしていきましょう。

飲食店開業時の代表的な集客販促方法

 飲食店開業時の代表的な集客販促方法を、インターネット関連の方法とアナログな方法に分けて紹介をします。どちらが良いということはなく、あなたが設定した顧客ターゲットにどの方法が合っているのかを考えて選んでください。

1. インターネット関連の方法

(1)店舗のホームページ
 飲食業界では、店舗のホームページを持たずグルメ系ポータルサイトのみの掲載のお店も増えています。顧客がこちらを使う方が多いためです。店舗のホームページを作るよりもグルメ系ポータルサイトの製作を優先的に進めましょう。サイトとプランによって有料と無料のサービスがありますので各サイトで確認をしてください。

代表的なグルメ系サイト
①ぐるナビ
https://pro.gnavi.co.jp/kamei/
②食べログ
https://owner.tabelog.com/owner_info
③ホットペッパー
https://www.hotpepper.jp/keisai/

(2)Googleマイビジネスへの登録
 Googleマップを使って、地図上から直接お店を検索する人も多くなってきました。Googleマップ上に自分のお店を掲載するには、Googleマイビジネスの登録をするだけです。もちろん無料ですので、是非登録してください。

<Googleマイビジネス>
https://www.google.co.jp/business/

(3)SNS
 内装工事の風景や新メニュー完成などの開店準備の情報をSNSでこまめに発信をしてください。開店までのストーリーを見ていると、愛着がわいて、お店に行きたくなる人もいます。開店後の情報発信としても有効なツールなので開店前から是非初めてください。FacebookやInstagram、Twitter等のいろいろなサービスがありますが、使いの慣れたサービスの中で、新しく店舗のアカウントを取得して始めるのが継続しやすいため、おすすめです。

2. アナログ関連の方法

(1)ポスティングや新聞折込み
 近所の方たちを顧客ターゲットにしている場合には、非常に効果的です。開店準備の様子を見て気になっているところにチラシが届くと、どんな店が開店するのかを詳細を見てしまうものです。配布するエリアの選定とチラシの内容が重要になります。

(2)近隣への挨拶
 これから店舗を運営する上でも近隣の方たちへの理解は重要ですし、この方たちは将来の優良顧客になるかもしれません。是非とも近隣の方たちへチラシを持って挨拶に行きましょう。近隣の方たちを招待して、開店前にイベントを行う店舗もあります。近隣への理解を深めるだけでなく、一度お店に足を運んでもらうことで、来店のハードルを下げることにもなります。スタッフのオペレーションの練習にもなるのでおすすめです。

(3)知人や友人への連絡
 知人や友人は単なる見込み客だけでなく、あなたのお店をPRしてくれる重要なキーパーソンになります。電話やお手紙で開店の連絡をしましょう。来店が難しい場合でも、SNS等であなたのお店をPRしてくれるはずです。一度、知人と友人の名前を棚卸しして、リストを作ってみましょう。

集客販促方法のポイント

1. 顧客ターゲットに合わせて、効果的で効率的な方法を選択する

 特にインターネット関連の方法など、苦手な方法がある場合は、得意な人や会社に協力を仰ぐのも重要です。

2. 特典を付けて来店のハードルを下げる

 初めての来店に、心理的な抵抗感がある方も多いです。チラシやホームページには、オープニングのキャンペーンやドリンク一杯無料などの特典情報を付けて、来店のハードルを下げましょう。

3. 効果を測定し、次の集客販促につなげる

 チラシに載せる特典をクーポンにするなど、何を見て来店をしたのか数えられるようにしましょう。1週間や1ヶ月毎などに定期的にその数を集計して、方法別に費用対効果を測定してください。費用対効果が良いものは継続をし、悪いものは改善するか場合によっては終了することが重要です。