経営ハンドブック

法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

飲食業
飲食店のアイドルタイム克服策

本レポートは、飲食店経営者の方を対象として、アイドルタイムを儲けの出る時間帯に変貌させるアイデアを紹介している

目次

1.アイドルタイムは克服できる

多くの飲食店では何の検討もせずに、午後2時から午後5時頃までを儲けの出ないいわゆる"アイドルタイム"として店を閉めている。また、店を開けている時間帯でも、業態によっては集客力が鈍る時間帯がある。では、この時間帯を"儲けの出る時間帯"に変貌させるには、どのような施策を打てばよいのか。

飲食需要というものは、どの時間帯にでも必ずある。自店の従来のアイドルタイムにおける飲食需要にはどんなものがあるのかをよく検討し、各業態に合ったメニュー開発やメニューの充実を実施してみること。

2.時間帯メニューの導入

対策例1:レディースタイムの導入

住宅地に立地している店舗なら、主婦層を狙い、午後2時から4時までを「レディースタイム」とし、ランチタイムよりさらに割安なコース料理を提供する。主婦層に受け、口コミで同店の評判が広がれば、遠方からの集客も可能となる。

対策例2:モーニングタイムの導入

モーニングタイムの需要を察知して繁盛につなげているのが、ファストフード店や牛丼チェーンなどである。午前10時頃までを「モーニングタイム」とし、朝食メニューを充実させることでサラリーマンやOLを集客している。また牛丼チェーンも納豆とシャケの朝食などをメニュー化し、サラリーマンなどの朝食需要をつかんでいる。

3.時間帯別の複合業態の展開

対策例3:二毛作店

このパイオニアは「プロント」。これまでのスタンドコーヒーショップは、夜の営業効率が悪く、逆にショットバーは昼の時間の活性化が課題であった。そこで同店は、昼は低価格コーヒーと軽食を販売、夜はビール、カクテル、ウイスキーなど酒類を豊富に揃え、つまみメニューも充実させることで成功したのだ。

対策例4:三毛作店

たとえば、午前8時から午後5時はコーヒーショップ、午後5時30分から午後9時はビアパブ、午後9時から午後11時はショットバーという1日3業態を展開する。同一店舗でも客に新鮮な魅力を与えるために、1日3業態のそれぞれに合わせて店舗装置、照明、BGM、座席数、ユニフォームなどを変化させ、業態区分をはっきりさせることが重要。

4.コンセプトの見直し

たとえば、うどん専門店が「うどんBAR」となったり、そば店が「そば居酒屋」に、ラーメン店が「点心居酒屋」になったりといった具合。

対策例5:そば居酒屋

売上が伸び悩む手打ちそば店では、売上拡大策として夜の時間帯に酒を売る「そば居酒屋」として再出発する例が見受けられる。この場合、店舗も民芸調のつくりに改装する、酒は地酒を中心に品揃えするなど、売りである本格的そば店のイメージを壊さないようにすることがポイントである。こういった業態で成功した店では、夜の利用客のほとんどが、酒とつまみを楽しみ、最後に手打ちそばを味わって帰るため、そば専門店だった頃よりも客数、客単価ともに大幅にアップする。

最終内容確認日2018年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

あわせて読みたい