トップページ  >  起業する  >  経営ハンドブック  >  飲食店の固定客獲得策

飲食業
飲食店の固定客獲得策

本レポートは、飲食店を経営されている方を対象として、顧客を自店の固定客にするための方法をご紹介している。

目次

1.固定客化のポイント

飲食店に限らず、事業を成功に導くための大きなポイントは、いかに多くの固定客を獲得できるかにある。そもそも新規客を集めるよりも、一度来店されたお客様を固定客に変えるほうが費用も労力も少なくて済むのだ。では、一度か二度しか来店したことのないお客様を、来店頻度の高いリピーターにするにはどうすればよいか。それはお客様にとってあなたの店を特別な存在することだ。そのためには次のような取り組みが考えられる。

優れた商品力を認識させる
→「この品ならここの店」というイメージを植え付ける
再来店することにメリットがあると感じさせる
→もう一度行くことによって得られるインセンティブを与える
顧客の自尊心をくすぐる
→「自分は特別な扱いをされている」という印象をもってもらう

次章からそれぞれの取り組み例をご紹介していく。

2.固定客化の具体例

1)「この品ならここの店」というイメージを植え付ける

単品に特化した専門店なら、その専門性をできるだけ高めていくことだ。たとえば紅茶専門店であれば、店のコンセプトに基づいてオーナーが自ら選別した茶葉を豊富に揃えることで他店との差別化を図る、メニューにそれぞれの紅茶の製法や名前の由来などを詳しく書いておき「この店は紅茶に詳しい」「この店に来れば味わったことのない紅茶が飲める」というイメージを演出するなどの手法が考えられる。

もちろん、専門性以外にも手法はある。たとえばビジネス街にある一般的なレストランでも、メインターゲットとしてサラリーマンが想定されるなら、手作りでお袋の味をアピールするメニューを揃える。また、年齢層が比較的高いなら、メイン料理の他にさっぱりした酢の物などの小鉢をつけたり、女性客には少なめなポーションで価格を少し下げるなどの工夫によって特別感を打ち出すことが可能だ。

ここならではの人気メニューを用意することも一策。たとえば、中華料理店であれば、どの店にもある定番メニューのひとつである餃子に「健康にいい」「においが残らない」といった特長をつける。また、餃子に使用する具に凝ったり、格安価格を設定する、テイクアウトも行なうといったことも他店との差別化につながるだろう。

2)再来店によるインセンティブを与える

顧客に「あの店に行けば何か得をする」「どうせこの料理を食べに行くのだったら、あの店がお得だ」と思わせることは、固定客づくりの有効な手段。たとえば、一度来店したお客様に割引券を渡したり、食べ放題を利用できるサービス券を配布したりするなどのインセンティブ提供が考えられる。以下にほかさまざまな手法を説明しておく。

1)ポイント制度

利用回数または利用金額に応じてスタンプや引換券を渡し、一定のポイントがたまったら割引や商品を進呈する。この手法を行なう際の注意点としては、できるだけ短期間で顧客がメリットを得られる仕組みにしておくこと。「インセンティブを得るまでにあと10回も来なければならない」と思われてしまうようでは、効果はあまり期待できない。たとえば、3回、5回の利用ごとに何らかの特典を提供するなどの工夫が必要だ。

2)団体割引

一度団体割引を利用したグループが継続的に利用してくれるようになれば、店側も安定した売上を確保できるなどメリットは大きい。

3)紹介割引

紹介した知人が来店したら、知人も紹介者も料金を割引く。お客様がお客様を呼んできてくれるという状態は、商売の理想といえる。広告宣伝費をかけることを考えれば、口コミ効果に対する割引額など微々たるものであろう。

これら金銭的なインセンティブ以外にも、楽しさを再来店の動機付けにすることも可能。たとえば、毎月第2土曜日をイベントの日とし、ビンゴゲーム、抽選会、勝ち抜きじゃんけんなどを行なうなど。その情報をトイレなどで告知しておけば、平日利用のお客様を土曜日に来店させることができるかもしれない。

3)「自分は特別な扱いをされている」と思わせる

誰であれ「自分は店から特別ていねいなサービスを受けている」と感じるとうれしいはず。そうやって店に対して好感をもってもらえれば、店選択に迷った際に、一番に思い浮かべてもらえる可能性は高くなるだろう。

たとえば、顧客の好みに合わせたDMを作る。まず顧客の来店時にリストを作成し、折に触れて好みを聞くなどして大まかな分類をする。あっさり味好み、肉好み、魚好みなどに分け、DMで新メニューを紹介する際、「今回の新メニューは魚好きの○○様に喜んでいただけると思います」など、顧客のことを覚えていなければ書けない文面などを添えるのだ。なお、それが手書きであればより効果的だろう。

そのほかにも、誕生日に趣向を凝らしたバースデー・カードを送るという手法も。「誕生日当日にカップルで食事をされた場合には花束をプレゼントいたします」といったインセンティブを設定するのだ。

多くの顧客にとっての「特別な店」になることができれば、おのずと固定客は増えていくだろう。

最終内容確認日2013年10月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

テーマ別

  • 起業・開業
  • 新規事業
    経営計画立案
  • 経営診断
  • 販売促進
  • 中小企業経営
  • 法 律
  • 人事・労務
  • 経理・財務

業種・業態別

  • フランチャイズ
  • 小売業
  • 飲食業
  • サービス
  • 医 療
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。