トップページ  >  起業する  >  経営ハンドブック  >  飲食店の開業資金計画

飲食業
飲食店の開業資金計画

目次

1.開業資金の調達

1)自己資金と借入金

飲食店に限らず商売を始める場合の資金としては、自己資金と借入金がある。自己資金だけで開業資金が十分間に合うというケースはほとんどない。そこで多くの場合、金融機関から資金を借り入れることになるが、大切なことは返済計画をきちんと立てること。
さらに、借入金には「元金と利息」があるので、利息を支払うだけでなく、元金と利息のことを考えて返済計画を立てるようにする。

2)設備資金と運転資金

事業に必要な資金には、「設備資金(土地、建物、設備などの購入に充てる)」「運転資金(原材料、商品仕入れ、賃金、その他の経費に充てる)」がある。

<設備資金調達の考え方>
設備投資のための資金は回収するまでにはかなりの年月を必要とするので、できるだけ自己資金で賄いたい。
もし借入金を利用するのであれば、できるだけ返済期間が長期のものを利用する。

<運転資金調達の考え方>
飲食店は毎日の売上のほとんどが現金として手元に入ってくるため、一般には原材料や商品の仕入れ代金を借り入れる必要はない。
しかし、ボーナスなど一時的に多額の資金を必要とするようなときには、運転資金を短期借入するケースもある。
この短期借入は比較的容易な手続きで借りられる場合があるが、目的用途の不明確な短期借入は行なわないことが大切。

2 .開業資金計画表を作成する

飲食店の開業時における資金計画では、開業時に必要な開業資金のみに注目しがちであるが、実際には開業後の予想利益、その利益から支払われる借入金の返済予定までを計算する必要がある。
開業時すぐに「資金繰り」に目を向けたときに、さらなる資金が必要であると気づいても間に合わないこともあるからである。
以下に、これらをバランスよく検討するために「開業資金計画表」「損益計算表」「借入金計算表」を紹介する。
実際にこうしたシートを記入しながら資金計画を立てるようにしよう。

資金の使途 資金の源泉
科 目 金 額 備 考 科 目 金 額 備 考
土地
建物
建物付属設備
器具備品
車両運搬具
権利金
敷金
設備資金 計
営業権
商品・材料
現金貯金
運転資金 計

内装工事
給排水、空調、厨房など
国民生活金融公庫

金融機関

親戚知人

自己資金
設備資金





50%以上
合計 合計

3.損益計画表を作成する

損益計画表を作成する意義は、借入金返済に充てることができる予測利益を算出することにある。予測利益は、売上高予測から予想される費用を引いて求められるので、まず売上高予測を予想客単価、予想客数をもとに算出することから始める。

<損益計画表>

科 目 金 額 構成比 備考
売上高 客単価
客数
日商
売上原価(材料費)
粗収入高
店主給料
専従者給料
雇用者給料
地代家賃
支払利息
減価償却費
広告宣伝費
消耗品費
水道光熱費
その他経費
営業費 計
利益 合計

4.借入金返済計画表を作成する

損益計画表で確認した返済財源で実際の返済が可能かどうか、借入金返済計画表を作成して検討する。返済財源となるのは利益と内部に留保された減価償却費等になる。これらを当期に増えた現金と考え、借入金返済計画表に金額を記入して検討する。

<借入金返済計画表(現金取引用)>

摘要 1期 2期 3期 備考
金額 金額 金額
返済能力 繰越現金預金*
当期利益
減価償却費
*前期繰越現金預金は全額返済に回すものとする
借入金返済額
次期繰越現金預金


最終内容確認日2013年10月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

テーマ別

  • 起業・開業
  • 新規事業
    経営計画立案
  • 経営診断
  • 販売促進
  • 中小企業経営
  • 法 律
  • 人事・労務
  • 経理・財務

業種・業態別

  • フランチャイズ
  • 小売業
  • 飲食業
  • サービス
  • 医 療
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。