トップページ  >  起業する  >  経営ハンドブック  >  フランチャイズ加盟の留意点

フランチャイズ
フランチャイズ加盟の留意点

目次

1.FCの基礎知識

1)フランチャイズシステムとは

フランチャイズシステムとは「フランチャイズ本部が加盟店と契約を結び、加盟店に対し自己の商号・商標などを使用させて同一性のイメージのもとに事業を行なう権利を与えるとともに、経営に関する指導を行ない、場合によっては継続的に加盟店に商材・ノウハウなどを提供し、その対価として加盟店から加盟金・ロイヤルティーなどの金銭を受け取る両者の継続的関係」ということができる。 具体的なFCパッケージの構成要素としては、次のような内容があげられる。

□FC本部の商標、チェーンの名称、または屋号などそのフランチャイズ事業を示す印(商標・サービスマーク)を使用する権利

□FC本部が開発した生産・加工・販売・そのほか経営上のノウハウを利用する権利

□当該フランチャイズビジネスのイメージを維持し、高めるためにFC本部が行なう指導や援助を受ける権利

2)FC本部と加盟店の機能

フランチャイズシステムは、本部と加盟店が機能を分担することで効果的な運営が可能となる。ここでは図表2としてそれぞれの果たすべき機能をあげておくので内容を確認していただきたい。
本部と加盟店がこのような機能を責任をもって果たすことでFC全体の成長が可能となっているのである。

<図表2:本部と加盟店の機能>

□本部の果たす機能 □加盟店の果たす機能
・商品、サービス開発機能
・原材料調達機能
・商材安定供給機能
・教育、指導機能
・加盟店開発機能
・広告宣伝機能
・立地開発機能
・立地診断機能
・店舗建築、設計機能
・店舗運営ノウハウ開発と改善機能
・マニュアル整備機能
・情報システム機能
・経営情報収集提供機能
・その他(金融斡旋、経理代行など)
・資本投下機能
・店舗運営機能
・顧客管理機能

3)FC加盟のメリット

FCへの加盟により加盟店が得られるメリットとしては、以下のような内容があげられる。

□ノウハウをもっていなくても短期間で開業できる
→「開業できる=成功」ではない
→知識・経験は不要だが、能力・適性・努力は必要

□失敗の蓄積がノウハウに生かされているためリスクが低い
→ノーリスクではない

□事業計画がたてやすい
→金融機関で融資を受けやすい

□本部との機能分担により効率的に営業できる
→多店舗化しやすい

□スケールメリットを得られる場合が多い
→仕入れ・店舗施工・什器購入面で安価になる場合が多い

□過去にFC本部が蓄積した知名度を活用できる

□継続的な指導・情報提供が受けられる

4)FC加盟のデメリット

FCへの加盟により加盟店が受け入れなくてはならないデメリットとしては、以下のような内容があげられる。

□加盟金やロイヤルティーなどのコスト負担が必要である

□自分の思いどおりにはできないこともある
→研究熱心があだになることもある

□柔軟性がない

□実労働時間はサラリーマンよりも長くなる場合が多い
→業務が軌道に乗り、仕事が人に任せられるようになれば徐々に楽になる

□加盟リスクがある
→契約に縛られるため不振時にも簡単に撤退することが困難
→本部倒産、他加盟店の失敗など外部リスクを抱える
→不良本部や革新力のない本部への加盟により資本ロス・機会ロスの可能性がある

2.適性の確認

FCに加盟して事業を行なうということは、独立事業者となることにほかならない。ここでは独立するための適性やFCビジネスへの適性を確認するための項目を紹介する。

1)起業への適性確認

(1)基本適性確認

□目的・目標意識

□自己責任原則の理解

□チャレンジ精神

□リーダーシップ
→従業員管理はできるか(大企業での部下の管理とは異なる)

□コミュニケーション能力
→従業員、取引先、顧客などさまざまな人とさまざまな立場での対応が必要になる

□素直さ・謙虚さ

□意思決定力

□忍耐力

□行動力

□責任感

□計画力

□時間管理能力

□計数管理能力

□自己管理能力

(2)起業を再検討したほうがよい場合

□借金が嫌い

□自己資金がない

□悲観主義である

□家族の反対がある

□人に頭を下げられない

□健康・体力に自信がない

□リスク感覚がない

□人が使えない・人に任せられない

□迷っている

2)FCビジネスへの適性

(1)FCビジネスとの相性確認

□FCビジネスを十分理解している

□情報収集力・分析力・判断力がある

□本部の言うことを素直に聞ける
→加盟までは慎重に、一旦加盟したら信じてみる

□法律(契約)知識がある

□協調性がある

(2)開業資金調達力の確認

a.必要資金

□加盟金

□保証金

□研修費

□店舗工事・設備費

□初期仕入れ費

○店舗取得費(仲介料、敷金、不動産保証金、前払い家賃等)

○運転資金(立ち上がり期の販促費、従業員採用等)

○当面の生活費(物件探索期間、研修期間および開店後1~2カ月分)

○その他(会社設立費、予備費等)

※○印の項目は本部の示す開業資金に含まれない場合が多い

b.調達先

□自己資金
→不動産取得費を除く開業資金の30~50%程度を用意できることが望ましい

□親

□兄弟・親戚・友人

□国民生活金融公庫
※中小企業金融公庫や商工中金はある程度規模の大きい企業が対象となる

□信用組合、信用金庫、銀行
→信用保証協会の利用を検討する

□自治体 →制度融資の利用を検討する

□FC本部
→本部が金融機関と提携ローンを組む場合もある
→本部がリースを斡旋してくれる場合は多い
→高利のクレジット会社を紹介する本部は加盟自体を避けるべき

3.開業までの流れ

サラリーマンなどがFC加盟で独立するまでの一般的な流れについて紹介する。

1)FC申し込みまで

(1)独立するかサラリーマンを継続するかの検討

□本当に独立をしたいのか

□独立資金の目処は立つのか

(2)独自ビジネスかFCビジネスかの検討

□FCビジネスの基本知識は得ているか

□独自ビジネスのためのノウハウはあるか
→かりに、ひとりで事業を開始するとしたら可能か

○アイデア創出

○各種調査(市場調査、競合調査)

○事業化計画策定(投資計画、損益計画、借り入れと返済計画)

○商品計画策定(商品開発、品揃え、仕入れ先選定、価格交渉、売価設定)

○出店計画策定(立地探索、立地調査、商圏調査、売り上げ予測)

○店舗計画策定(店舗設計、レイアウト、デザイン、内外装、業者との交渉)

○要員計画策定(募集、採用、教育)

○店舗運営方法構築(店舗運営ノウハウ確立、事務処理ノウハウ確立)

○継続的改善(商品開発、販促、労務管理)

(3)どのFCを選択するかの検討

□自分にあったよい本部はどこか
→業種、店舗有無、立地、従業員有無
→各種チェックポイントに沿って比較

□比較評価
→単体評価だけでは危険

(4)FC加盟申し込み

□エリア内物件探索権などを確保
→正式契約は物件取得後に行なう場合が多い

2)FC申し込み後

(1)資金の調達

□各種調達先との交渉
→事前準備は申し込み前に実施

(2)店舗物件取得

□本部情報活用
→本部の紹介してくれる既存店舗は不良店舗の押しつけではないかをチェック

□不動産業者訪問

□自己物件調査
→自己物件の場合は当該業種との相性を確認

(3)正式契約締結

□取得物件での事業計画シミュレーションを確認
→事業計画を見て問題がなければ正式契約

(4)店舗施工(内装・外装・設備)

□見積りチェック

□自由購入の機器・什器の準備

(5)オーナー研修受講

□自分が従業員教育を行なう気持ちで受講

(6)従業員採用・教育

(7)開業準備

□商品搬入

□運営模擬訓練

□近隣挨拶

□チラシ配布

(8)開業

→開業時には本部のスタッフが応援してくれる場合が多い

最終内容確認日2013年10月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

テーマ別

  • 起業・開業
  • 新規事業
    経営計画立案
  • 経営診断
  • 販売促進
  • 中小企業経営
  • 法 律
  • 人事・労務
  • 経理・財務

業種・業態別

  • フランチャイズ
  • 小売業
  • 飲食業
  • サービス
  • 医 療
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。