トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  美容院

サービス業
美容院
美容院は、開業が比較的容易であることから、新規参入が多く、地域によってはすでに飽和状態にあるといえ、厳しい競合状況が続いている。固定客をつかむため、そのほかの美容サービスの提供など差別化をはかることが重要。流行に対して柔軟な対応なども求められる。

1店舗当たりの美容師数は平均1~2名、また美容師以外の従業員を含めても4名かそれ以下といわれており、小規模な店舗が多い。ただし、最近は知名度の高いチェーン店の進出が活発化している。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

美容院を開業する場合、開業予定日の1週間前までに、保健所への届出を行なう必要がある。
必要書類・開設届
 ・施設の平面図
 ・構造、設備の概要
 ・開設者が法人の場合は、会社の登記簿謄本
 ・有資格者の免許証(提示)
 ・従業員名簿
 ・従業員の健康診断書・店舗の図面(厨房配置入り平面図)2部

経営者自身が「美容師」の資格を有しているか、「美容師」の資格を有する者を雇用していなければならない。
また、常時2人以上の美容師が働いている店舗においては、「管理美容師」の資格を有する者を置く必要がある。
美容師資格:厚生労働大臣の指定した美容師養成施設で所定の学科を習得した後、学科試験・実地試験に合格しなければならない。
なお実地試験は、1年間の実地訓練期間を経た後でなければ受験できない。
管理美容師資格:美容師として3年以上の実務経験を積んだ後、各都道府県で実施される所定の講習を修了することによって与えられる。

店舗の構造設備に関しては、作業面積や照度などが都道府県の条例で定められている。最寄りの保健所で相談に応じてくれる。

2.起業にあたっての留意点・準備

1)立地条件

  • 駅周辺、繁華街...競合は激しいものの、通行客数も多いためフリー客の来店が見込める。明るく開放的でセンスのよい店舗が望ましい。
  • 住宅街、郊外...地域住民を中心とする固定客がおもな客層となる。きめの細かいサービスやフレンドリーな接客がポイントとなる。
  • ビジネス街、学生街...近隣のOLや学生がメインターゲットとなる。低価格・高回転の店と、高級感を訴求する店に大別できる。

2)有能な美容師の確保

気に入った美容師がいるかどうかを美容院の選択基準とする消費者は多い。有能な美容師を確保できるかどうかは大きなポイントとなる。とくに、美容やファッションに関心の高い顧客を引きつけるためには、技能面だけでなく、メイクテクニックやファッションセンスなどの面でも優れている美容師が望ましい。

3)付帯業務

従来、美容院では和服の着付けや化粧品の販売などの「副業」を手がけていたが、最近ではボティエステやハンドマッサージ、ネイルアートなどのサービスを導入する美容院も増えつつある。

3.必要資金例

繁華街のビルにテナント入居し、20坪・5席の店舗を出店する際の必要資金例

(単位:千円)
項目 初期投資額
物件取得費 保証金(賃貸料10カ月分) 3,000
仲介料(賃貸料1カ月分) 300
小計 3,300
設備工事費・
什器備品費等
内装工事費 4,000
店内装飾 1,500
看板 800
給排水工事費等 1,000
空調設備 1,000
照明器具・配線工事 900
小計 9,200
開業費 印刷・DM等販促費 250
開業前人件費 200
開業前家賃 300
開店仕入(消耗品等) 400
その他 560
小計 1,710
総計 14,210

4.ビジネスプラン策定例

1)売上計画例

 

客数(人/月)

客単価(円) 日商(円) 営業日数(日/年) 年商(円)
平日(週4日) 20 4,000

80,000

208 16,640,000
土・日曜日 30 6,500 195,000 104 20,280,000
合計 312 36,920,000

2)損益計算のシミュレーション

(単位:千円)
  年間増加率 変動費率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 1.0%   36,920 37,289 37,662 38,039 38,419
直接材料費   13.0% 4,800 4,848 4,896 4,945 4,994
諸経費 合計     25,482 24,016 24,314 24,376 24,681
  人件費 1.5%   12,600 12,789 12,981 13,176 13,373
  不動産賃借料

1.0%

  3,600 3,636 3,672 3,709 3,746
  水道光熱費   3.5% 1,292 1,305 1,318 1,331 1,345
  販売促進費   2.0% 738 746 753 761 768
  通信費   0.2% 74 75 75 76 77
  消耗品費   0.2% 738 746 753 761 768
  減価償却費     618 618 618 378 378
  初期投資括計上分     1,760 - - - -
  その他経費   11.0% 4,061 4,102 4,143 4,184 4,226
営業利益     6,639 8,426 8,452 8,718 8,743
営業利益率     18.0% 22.6% 22.4% 22.9% 22.8%

※人件費:社員2名、インターン等2名

* 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。