トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  カラオケボックス

サービス業
カラオケボックス
カラオケボックスは、大きく分けて以下のタイプに分かれる。
  • カラオケボックス型:多くは、郊外の幹線道路沿いに位置する。おもに、荷物コンテナを改造したボックスを平置きするため、ある程度の土地を要する。
  • カラオケカプセル型:多くは、都心のビル内に位置する。

個人消費の低迷やレジャーの多様化などにより、「レジャー白書2004」によると、カラオケ参加人口は、平成7年の6,040万人をピークに平成15年には4,970万人にまで減少した。

このようななか、競争激化、淘汰も進展しており、カラオケボックス施設数は、年々減少している。従来のように黙っていても客が入ってくる時代は終わり、各店の創意工夫が求められる時代になってきているといえる。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

  • 開業にあたっては、税務署への開業届や、労基法上で定められた事項を社会保険事務所に届出すればよい。
  • 飲食を提供する場合、食品衛生法に基づく営業許可が必要である。申請先は出店地の住所を所管する保健所の食品衛生課になる。
  • 食品衛生法では、各店に1人、食品衛生責任者を置くことが義務づけられている。
  • 深夜(午前零時から日の出まで)の酒類提供食品営業とされる場合には、警察署経由で、都道府県の公安委員会に届出る必要がある。
  • 社団法人日本音楽著作権業協会に対し、営業開始前に音楽著作物利用許諾契約申込書、カラオケ歌唱室設置状況届出書を提出する。
  • 日本カラオケスタジオ協会はスタジオの管理者が遵守すべき事項を定め、18歳未満の利用時間制限などの運営管理基準を定めている。
  • 地方公共団体によっては、条例などにより、カラオケボックスの深夜における営業等に制限を設けている。

*上記以外にも様々な手続きを要する可能性もあるので、地方公共団体などに個別に確認するとよい。

2.起業にあたっての留意点・準備

  • 通信カラオケがほとんどの店で導入されており、機材による差別化は困難である。しかしながら、内装、トイレも含めた清潔さなどにより、施設面での魅力向上・差別化は可能である。施設面以外では、サービスや提供する飲食の強化が重要である。サービス向上のためには接客に対するアルバイトの意欲を高め、マニュアルなどを作成することが有用である。
  • 繁華街に近ければ、「2次会」としての利用もあることから、提供する飲食を充実させることも必要である。
  • カラオケボックスは繁閑のある業種でもあるため、ランチ提供や昼間割引などの稼動率向上も検討するとよい。また、他店の動向には常に注意を払い、必要に応じて調査し、その調査結果を価格などに反映させることも重要である。
  • カラオケボックスの経費は人件費が多く占めるため、アルバイト活用による人件費削減は重要である。

3.必要資金例

繁華街に、13部屋のカラオケハウス開業

項  目 初期投資額
貸借料 保証金(賃借料10カ月分) 12,000
敷金(1カ月分) 1,200
小 計 13,200
設備工事費・什器等 改装工事費・什器等 25,000
カラオケ音響機器設備 26,000
厨房設備、食器類 5,000
小 計 56,000
開業費 市場調査費・ 500
印刷・DM等販促費 500
社員・アルバイト募集費 500
開業前人件費 500
開業前賃貸料・水道光熱費 1700
小 計 3,700
合  計 72,900

4.ビジネスプラン策定例

●初年度売上計画例(部屋数13席)

(単位:千円)
  客数/日 (人) 客単価 日商 営業日数 (日) 年商
平 日 156 1,000 156 204 31,824
金・土曜日 390 1,000 390 104 40,560
日曜日 156 1,000 156 52 8,112
合 計       360 80,496


●モデル収支

初期投資回収 6年度

(単位:千円)
  年間増加率 変動費比率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 1.0%   80,496 81,301 82,114 82,935 83,764
売上原価   14.5% 11,672 11,789 11,907 12,026 12,146
売上総利益     68,824 69,512 70,207 70,910 71,619
諸経費計     56,592 57,032 57,477 57,926 58,380
  人件費 1.0%   21,000 21,210 21,422 21,636 21,853
  地代家賃 1.0%   12,000 12,120 12,241 12,364 12,487
  水道光熱費   4.5% 3,622 3,659 3,695 3,732 3,769
  広告費   1.0% 805 813 821 829 838
  通信費   0.2% 161 163 164 166 168
  消耗品費   2.0% 1,610 1,626 1,642 1,659 1,675
  衛生費   1.0% 805 813 821 829 838
  減価償却費     11,940 11,940 11,940 11,940 11,940
  著作権料     624 624 624 624 624
  その他経費   5.0% 4,025 4,065 4,106 4,147 4,188
営業利益     12,232 12,480 12,731 12,983 13,239

* 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。