トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  情報処理業

サービス業
情報処理業
情報サービス産業の市場規模は、2000年問題も寄与した1999年に10兆円を突破し、業界初の会社が生まれてから約40年、業界全体としては年平均10~20%の成長を遂げ、いまや14兆円を越える市場規模。

また、世界最先端のIT国家を目指して2001年に発足したe-Japan戦略は通信インフラなどの整備を進め、2003年からはコンテンツ作りや電子政府、企業の生産性向上などのIT利用を拡大する第二幕へと進んだ。超高速ネットとデジタル端末を利用できるブロードバンド時代が現実のものとなり、教育、医療、介護など公共サービスへの情報サービスの需要も期待される。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

情報処理業を開設・営業するにあたっては、公的な資格や行政の認可を受ける必要はない。一般の開業手続きとして、個人であれば税務署への開業手続き等、法人であれば、必要に応じて、健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務事務所にて手続きをする。

以下のような情報処理関係の資格を取得している社員を雇うことが、仕事の受注に有効となる。
 ■システムアナリスト
 ■プロジェクトマネージャ
 ■アプリケーションエンジニア
 ■ソフトウェア開発技術者
 ■テクニカルエンジニア(ネットワーク)
 ■テクニカルエンジニア(データベース)
 ■テクニカルエンジニア(システム管理)
 ■テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)
 ■情報セキュリティアドミニストレータ
 ■上級システムアドミニストレータ
 ■システム監査技術者

2. 起業にあたっての留意点・準備

仕事の確保
  • 情報処理業は、社員の技術的な能力やコミュニケーション力などの人的資源がきわめて重要となる。そのため仕事の受注には今迄の実績や評判が必要であり、飛び込みで仕事を確保することは難しい。
  • そのため、起業の際は起業前からつきあいのある会社などから受注の見込みをある程度確保することが必要である。
人員の確保と引きとめ策
  • 上述のとおり、情報処理業は社員の能力にすべてを負う。そのため、能力が高くて信頼のおける社員の確保が必須である。
  • また、優れた能力を持った社員が自社を辞めて他社に移ってしまうと、無形のノウハウがすべて流出して大きな損失を被る。そのようなことがないよう、報酬制度といった直接的なインセンティブのほか、社員教育や福利厚生等の間接的なインセンティブ施策を準備する必要がある。
コンプライアンスとリーガルマネージメント
  • 近年、一連の個人情報流出によって個人情報保護法が施行され、クライアントや世間からの法令遵守の要求が厳しい。また、情報処理業においてはクライアントの重要情報を扱うことが多いため、モラルの高い従業員を雇用し教育する等のコンプライアンス施策が必須である。
  • また、情報処理業における受注金額、回収時期、機密保持、瑕疵(かし)担保、納品物等の契約には業界独特のノウハウを要するので、IT業界の契約事項に精通した法務担当者・営業を雇用する等して、リーガルマネージメントに備える必要がある。

3. 必要資金例

社員を3人雇って会社を設立した場合の必要資金例

(単位:千円)
家賃   3,000
3カ月分 750
保証金 1,250
仲介手数料 1,000
設備費   13,900
内装工事 5,500
空調設備 1,000
事務用机・椅子 500
事務用品 400
サーバー、PC、プリンター、コピー等設備 5,000
ソフトウェア 1,000
電話・FAX、PC、等その他設備 500
人件費   1,050
3カ月分 1,050
宣伝広告費   600
営業費 500
名刺、パンフレット等印刷費 100
会社設立費   300
登記印紙等 300
その他 300
必要資金計 19,150

4.ビジネスプラン策定例

●初年度売上計画例(5ブース/社員3人)
(単位:千円)
受注単価(人月) 情報処理業年間売上 その他売上 年間総売上高
1,200 43,200 1,800 45,000
●モデル収支
(単位:千円)
  年間増加率 変動費率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 5.0%   45,000 47,250 49,613 52,093 54,698
売上原価   5.0% 2,250 2,363 2,481 2,605 2,735
売上総利益     42,750 44,888 47,132 49,488 51,963
諸経費計     40,167 41,882 43,682 45,573 47,559
  人件費     28,000 29,400 30,870 32,414 34,034
  外注費   5.0% 2,250 2,363 2,481 2,605 2,735
  地代家賃     3,000 3,000 3,000 3,000 3,000
  水道光熱費     500 500 500 500 500
  販売促進費   5.0% 2,250 2,363 2,481 2,605 2,735
  通信費     100 100 100 100 100
  消耗品費   1.0% 450 473 496 521 547
  減価償却費     2,267 2,267 2,267 2,267 2,267
  その他経費   3.0% 1,350 1,418 1,488 1,563 1,641
営業利益     2,583 3,006 3,449 3,915 4,404
●初期投資回収 5年度

* 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。