トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  バイク便

サービス業
バイク便

ビジネスにおいて至急で書類や資料を届けることが必要な場合が出てくるが、宅急便では最低でも1日かかる、直接運ぶ人がいない、いてもタクシーでは交通渋滞のために時間がかかるといった理由でバイク便を利用する事業所がある。とくに、原稿やデータ、フィルムを大急ぎでやり取りする必要のある広告代理店や出版社、写真現像所での需要が大きい。

バイク便の中小業者は、直接開拓した顧客企業からの注文のほか、大手業者や宅配業者の下請として仕事をこなしていることも多い。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

バイク便事業を営む場合は、貨物自動車運送事業法第36条に基づき運輸支局長に届け出をする必要がある。

申請先:出店地の住所を所管する地方運輸局貨物課

必要書類

  • 貨物軽自動車運送事業経営届出書
  • 事業計画の内容
  • 添付書類
    1. 事業用自動車の運行管理体制を記載した書面
    2. 主たる事務所、営業所、車庫、休憩睡眠施設の見取り図および平面図
      (平面図には寸法および面積の算出式を記入)
    3. 自動車車庫の使用権限を有する書面
      (自己所有の場合には登記簿謄本、借り入れの場合は賃貸契約書等)
    4. 自動車車庫について、都市計画法等関係法令に抵触しない旨の宣誓書
    5. 運送約款

2.起業にあたっての留意点・準備

●経営形態には2つのタイプがある。

独立型:
営業ノウハウや資金などの開業準備に努力を要するが、努力が実れば高収益が期待できる。
FC型:
加盟料やロイヤルティーが必要であるが、フランチャイザーの運営ノウハウ、宣伝力、ネームバリューを利用できる。

●ライダーの契約形態には、時給制と歩合制の2種類がある。

時給制:
荷物の引受料金がいくらであろうと、決まった時給をライダーに支払う。そのため、通常料金の荷物を運ぶことが多い場合に採用すると効率的である。
歩合制:
荷物の引受料金に歩合をかけた金額をライダーに支払う。同業他社との価格競争で安く引き受ける場合や、大手からの下請で単価の安い仕事を引き受けることが多い場合に採用すると効率的である。

●車両を購入して固定資産を増やしたくない場合には、ライダーに自保有の車両を使用してもらう方法が考えられる。この場合には、車両持ち込み手当や、ガソリン代の実費支給が必要となる。

3.必要資金例

バイク3台(自社保有)、ライダー3名(時給)、事務職2名の店を開業する場合の必要資金例

(単位:千円)
家賃・駐車場   2,200
3カ月分 600
保証金 1,000
仲介手数料 600
設備費   6,800
内装工事 2,500
空調設備 1,000
事務用机・椅子 200
事務用品 300
バイク、バイク備品 2,000
電話・FAX、PC、等設備 500
その他設備 300
人件費   950
人件費3カ月分 950
宣伝広告費   400
HP開設 100
宣伝広告(雑誌) 200
名刺、チラシ印刷費 100
その他 300
必要資金計 10,650

4.ビジネスプラン策定例

●初年度売上計画例(バイク3台、事務職2名)
(単位:円)
  客数/日 (人) 客単価 日商 営業日数 (日) 年商
平 日 25 4,000 100,000 256 25,600,000
土曜日 8 4,000 32,000 52 1,664,000
日曜日 5 4,000 20,000 52 1,040,000
合 計       360 28,304,000
●モデル収支
(単位:千円)
  年間増加率 変動費比率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 1.0%   28,304 28,587 28,873 29,162 29,453
売上原価   3.0% 849 858 866 875 884
売上総利益     27,455 27,729 28,007 28,287 28,570
諸経費計     25,293 25,361 25,429 25,499 25,569
  人件費     15,000 15,000 15,000 15,000 15,000
  地代家賃     2,400 2,400 2,400 2,400 2,400
  水道光熱費   1.0% 283 286 289 292 295
  販売促進費   5.0% 1,415 1,429 1,444 1,458 1,473
  通信費   3.0% 849 858 866 875 884
  消耗品費   2.0% 566 572 577 583 589
  車両費   10.0% 2,830 2,859 2,887 2,916 2,945
  減価償却費     1,100 1,100 1,100 1,100 1,100
  その他経費   3.0% 849 858 866 875 884
営業利益     2,162 2,369 2,577 2,788 3,001
●初期投資回収 5年度

* 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。