トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  パチンコ店

サービス業
パチンコ店
警察庁のまとめによると、パチンコ店は平成7年をピークに減少が続いており、設置台数の減少も続いている。店舗数の減少率が設置台数の減少率を上回っていることから、1店舗当たりの平均設置台数が増加し、店舗の大型化が進んでいるものと考えられる。

平成16年7月より風営法が改正され、規制の厳格化や、告知機能に関する規制、遊技機の基準や規格が強化された。

パチスロ専門店は、パチンコ人気に押され、一時店舗の減少が続いたが、パチスロ専門店の数は増加傾向にある。パチスロ専門店が増えているだけでなく、パチンコ店もパチスロの併設台数を増やしているため、今後の動向はそれに大きく左右される。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

パチンコ店は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)」の対象業種であり、開業には所轄の公安委員会の許可および都道府県条例を満たしていることが必要となる。
<手続き>
所轄警察署防犯課防犯係への開業相談。所轄警察署防犯課防犯係による調査。 (「風営法」「都道府県条例」基準を満たしているかについての調査実施) 基準に合致した場合、防犯係を通じて、公安委員会から許可を受ける。
※遊技台数の制限、休日等の一定の自主規制ルールを設けている地区が多いため地区遊協には加入したほうがよい。

2.起業にあたっての留意点・準備

  • パチンコの台数は都市型・郊外型ともに、パチンコ250~400台(パチスロ60~80台)程度が標準。延べ床面積は、都市型で駐車場を必要としない場合、遊技台数×0.55坪以上が目安。郊外型では、必要敷地面積は遊技台数×7.55坪程度。
  • 立地条件によるが、都市型の商圏は半径1~3キロメートル。郊外型の商圏は車での集客が100%に近い場合は、半径3~5キロメートル(場合によっては10キロメートル)となる。
  • 集客のためには、(イ)高い出玉率を感じさせる雰囲気づくり、(ロ)人気機種の導入、入れ替え、(ハ)女性顧客層の拡大、(ニ)従業員サービスの向上、(ホ)店舗イメージの刷新、(へ)魅力的な景品の品揃え、(ト)禁煙エリアや託児コーナーの設置など、さまざまな視点から施策する。

3.必要資金例

自社所有地に店舗を開店するものとし、遊技機は300台設置、パチンコ7割、パチスロ3割の構成とする。

<初期投資>541,735千円
設備・工事費:440,130千円  
開業費:101,605千円
(自己資金41,735千円、金融機関借入500,000千円、返済期間10年)


*設備投資額は立地条件やターゲット層などで大きく異なる。1台あたり200万円以上を大まかな目安に投資額をつめていく。

<売上高>
平日客数240人で、日商8,400千円(客単価35,000)
土・日・祭日客数300人で、日商10,500千円(客単価35,000)
年商3,280,200千円

4.ビジネスプラン策定例

●モデル収支例

(単位:千円)
  初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 3,280,200 3,313,002 3,346,132 3,379,593 3,413,389
売上原価 2,788,170 2,816,052 2,844,212 2,872,654 2,901,381
売上総利益 492,030 496,950 501,920 506,939 512,008
諸経費計 463,779 468,582 473,446 478,374 483,366
営業利益 28,251 28,369 28,474 28,565 28,643
支払利息 19,000 17,000 15,000 13,000 11,000
経常利益 9,251 11,369 13,474 15,565 17,643
法人税等 3,700 4,548 5,390 6,226 7,057
当期利益 累計 5,551 6,821 8,084 9,339 10,586

* 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。