トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  ビジネススクール

サービス業
ビジネススクール
企業が「即戦力」や「経営のプロフェッショナル」を求める傾向にあることや、キャリアアップを望むビジネスマンの需要もあり、ビジネススクールに対するニーズは高まっているといえる。

ビジネススクールには、
 ・大学が設立する「社会人向け大学院」
 ・民間企業が運営するスクール
 ・地方自治体やNPO法人、企業などが開催する短期のセミナー
など、さまざまな形態があり、受講料も無料のものから、年間数百万円のものまで幅広い。

現在、もっとも一般的なビジネススクールは各大学が設立している「社会人向け大学院」であり、民間企業が運営する本格的なビジネススクールは少数である。民間でビジネススクールを開業するにあたっては、人材育成や企業研修、ビジネスマン向けセミナーなどの実績・ノウハウ、講師陣となる大学教授や企業経営者などとのパイプが必要である。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

  • 一般の開業手続きとして、個人であれば税務署への開業手続き等、法人であれば、必要に応じて、健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務事務所にて手続きをする。
  • 準学校法人(私立学校法64条4項に基づいて専修学校や各種学校を設立した法人)を設立する場合、設立や学校設置の認可申請は、都道府県知事に対して行なう。文部科学省の省令あるいは通達に基づいて各都道府県が独自に準学校法人設立認可基準や、専修学校・各種学校設置認可基準を定めているため、設立に際しては、あらかじめ当該都道府県の認可基準を知っておく必要がある。

2.起業にあたっての留意点・準備

  • 受講形態は、スクールなどが所有している施設に通う「通学講座」、企業などに講師を派遣したり、セミナーごとに会場を開催して行なう「短期型」、インターネットを活用して行なう「eラーニング」など様々である。また、企業の求めに応じて講師を派遣したり、セミナーなどを開催する場合もある。どのような形態で開業するのかによって、設備や必要資金などは異なってくる。
  • ビジネススクールの講座内容は、マネージメント、マーケティング、財務、危機管理、MBA(経営学修士)、MOT(技術経営)など多岐にわたっている。各分野において、より実践的かつ専門的なカリキュラムと、優れた講師陣をそろえることが肝要である。講師は、大学教授や企業経営者、各分野の専門家などがつとめることがほとんどである。いずれにしても第一線で活躍をしている優秀な人材をどれだけ集められるかが生き残りの決め手となる。
  • 社会人が通いやすいよう、立地、講座の曜日や時間帯、受講期間などに配慮する必要がある。
  • 受講者を確保するためには、受講者のニーズに応えるだけでなく、人材育成に興味を持っている企業の掘り起こしや、受講後に受講者のキャリアアップにつながるシステム作りも課題となる。

3.必要資金例

駅前に、25坪のビジネススクールを開業

(単位:千円)
項  目 初期投資額
教室取得費 保証金(賃貸料10か月分) 2,000
仲介料(賃貸料1カ月分) 120
小 計 2,120
設備工事費
什器備品
内外装工事費 1,000
共益費 30
空調設備費 400
看板 200
什器・備品、その他 2,000
小 計 3,630
開業費 市場調査費 300
販促費 500
交際費 300
前賃貸料 120
前通信費 400
小 計 1,620
合  計 7,370

4.ビジネスプラン策定例

●初年度売上計画例(25坪の教室/資格コースは12カ月、ITコースは6カ月)
(単位:千円)
  金額 会員数 収入
入学金 20 50 1,000
資格コース 50 20 12,000
ITコース 10 30 1,800
年間売上高 14,800
●モデル収支例
(単位:千円)
  年間増加率 変動費比率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 1%~5%   14,800 15,300 16,000 16,500 17,000
売上原価   2.4% 3,552 3,672 3,840 3,960 4,080
売上総利益     11,248 11,628 12,160 12,540 12,920
諸経費計     10,440 10,420 10,506 10,646 10,375
  人件費     5,000 5,000 5,200 5,200 5,400
  地代家賃 0%~5%   3,000 3,100 3,100 3,200 3,200
  水道光熱費   2%~5% 500 500 500 500 500
  販売促進費   2%~5% 630 470 496 516 425
  通信費   1%~2% 180 190 200 210 220
  消耗品費   1%~2% 180 190 210 220 230
  減価償却費     500 500 400 400 0
  その他経費   2%~5% 450 470 400 400 400
営業利益     808 1,208 1,654 1,894 2,545
●初期投資回収  5年度

* 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。